俳優クァク・ドウォン、カンヌ映画祭のため出国 「スタンディングオベーション、期待する」

俳優クァク・ドウォン、カンヌ映画祭のため出国 「スタンディングオベーション、期待する」

韓国俳優クァク・ドウォンが、自身初の主演作「哭声」を通して本日(17日)、生涯初のカンヌ映画祭出席のために出国する。

クァク・ドウォンは、公開5日目で約260万人を動員し、連日興行シンドロームを続けている映画「哭声」の主演を務めた。デビュー14年目にして初主演を担い、観客に熱い感動を呼び起こしている。

同作品は、ことし「第69回カンヌ映画祭」の非コンペティション部門に公式招待される栄光まで手にし、話題となった。

カンヌに向けて出国するクァク・ドウォンは「正直、予想もしていなかったことで、想像もできない状況だが、本当にベストを尽くした作品で世界的な映画祭に出席することができ、光栄に思う」とし、「劇場を埋め尽くす1000人の観客たちがスタンディングオベーションしてくれると聞いている。その拍手を受ける俳優として、その時間が最も楽しみ」と期待感を示した。

WOW!korea提供

2016.05.17

blank