シェイクスピア4大悲劇全てに出演の江守徹、日本版テーマソングを歌う超新星・ユナクと共に最高傑作“マクベス”を語る!!初日舞台挨拶開催

image1image2

5月13日(金)TOHO シネマズシャンテ他全国ロードショー

人類史上最も偉大な作家、シェイクスピア没後400年にあたる2016年、彼の最高傑作『マクベス』が、荘厳なスペクタクルとエモーションをみなぎらせスクリーンに蘇ります。黒澤明、手塚治虫、蜷川幸雄など日本の有名クリエイターにも多大な影響を与え続けてきた至高の名作が、遂に日本で5月13日(金)に公開します!

<野心に取り憑かれた男>と<野心を操る女>のリアルな心理描写を描き、その狂気に満ちた愛情によって悲劇を迎えることになる、究極の夫婦愛を描いたシェイクスピアの最高傑作“マクベス”。

本作の公開初日舞台挨拶に、「マクベス」をはじめとするシェイクスピア4大悲劇の全てに出演歴があり、現在は文学座の劇団代表として活躍をしている江守徹が登壇することが決定致しました。

image4

イベントではマクベスを演じることの難しさや、本作の魅力など江守だからこそ語れる“マクベス秘話”をお話し頂きます。

image3

そして、当日はスペシャルゲストとして本作の日本版テーマソング「Eternal Star 〜君のために~」を担当する、超新星のユナクがこの初日舞台挨拶に合わせ緊急来日し、イベントへ登壇致します。

超新星は2009年の日本デビュー以降、日本と韓国で精力的に活動している韓国の6人組ヴォーカルグループで、若い女性から主婦層にいたるまで幅広い世代からの人気を獲得しています。

既にソロでも活動しているリーダーのユナクは、恋愛の素直な気持ちを綴った切ない歌詞と甘い歌声で歌い上げるバラードがファンに親しまれており、究極の夫婦愛を描いた本作のイメージにぴったりだということで、この度の日本版テーマソングへの起用となりました。

イベントでは壮大な愛をイメージしながら歌ったというユナクに、自身の歌が日本版テーマソングに選ばれたと聞いた時のお気持ちなどをお伺いします。

また、数々のミュージカルやドラマに出演している彼が今後さらに飛躍するために大先輩の江守から頂点に上り詰める為の究極(?!)のアドバイスを頂きます!

 <STORY>

舞台は中世スコットランド。有能で慈悲深いダンカン王に仕える将軍・マクベスは、反乱軍との激しい戦闘の末、勝利を収める。その岐路、謎めいた魔女が現れ、“マクベスは領主になり、そして王になるだろう”という不可解な予言を囁く。謎めいた予言を残し霧のように消えた魔女にとまどうマクベスたちの元に、王の使いが到着する。なんとコーダーの領主が死亡し、マクベスが領主となるよう勅命が下ったのだ。魔女の囁きによって、忠誠心とは裏腹に王座への野望という炎を心に灯してしまったマクベスを、言葉巧みにマクベス夫人が夫の良心を消し去ろうと画策する。そんな時、ダンカン王がマクベスの城に宿泊する日がやってくる!マクベス夫婦の野心が、人間の奥底に潜む魔性のごとき“狂気”をむき出しにしていき、やがて彼ら2人の運命は大きく狂いだす・・・。

監督:ジャスティン・カーゼル  原作:ウィリアム・シェイクスピア  出演:マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、エリザベス・デビッキ、ショーン・ハリス
配給:吉本興業  提供:アイアトン・エンタテインメント  作品情報:2015年/イギリス/上映時間:1時間53分/レーティング:PG-12
©STUDIOCANAL S.A / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2015

公式サイト:http//macbeth-movie.jp

 

日時:5月13日(金)

会場:お台場シネマメディアージュ スクリーン1

登壇者(予定):江守徹、ユナク(超新星)【日本版テーマソング担当】

 

2016.05.11

blank