「SEVENTEEN」ウォヌ、過去の「少女時代」卑下発言を公式謝罪

「SEVENTEEN」ウォヌ、過去の「少女時代」卑下発言を公式謝罪

韓国アイドルグループ「SEVENTEEN」ウォヌがガールズグループ「少女時代」を卑下した発言について謝罪した。

ウォヌは9日、「SEVENTEEN」公式ファンカフェを通じて直筆の謝罪文を掲載した。ウォヌは過去、小学生のころに「少女時代」を誹謗・嘲笑する文と写真を掲載していた。このような事実が最近、オンラインコミュニティを通じて伝えられ、ファンからのクレームが大きくなった。

ウォヌは「幼い年齢による過ちで、覚えていないことだと言い訳するよりは、謝罪して罰を受けるのが正しいと判断しました」とし、まず自らの過ちを認めた。続けて「幼いころに書いたといっても、明らかに僕が書いた文であり、これで傷ついた少女時代の先輩たちと少女時代のファンのみなさん、CARAT(SEVENTEENのファンクラブ)たちに申し訳ない気持ちだけです。SEVENTEENになるために一緒に努力してきたメンバーにも申し訳ない」と記した。

ウォヌは続けて「テレビに登場するスターの方々を、ただ軽く考えて投げた言葉が、誰かにとって傷になるとは思ってもいませんでした」と幼いころを回想した。また「中学生になり、練習生生活を始めてから、ようやくステージに立つ人が背負うべき重みについて知りました」と伝えた。

ウォヌは最後に「許してほしいという言葉は言えません。ただ絶えず反省し、少女時代の先輩たちにも謝罪したいです」という言葉と共に、二度とファンを失望させないように努力するという覚悟を伝えた。

WOW!korea提供

2016.05.09

blank