「さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」大盛況!

「さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」大盛況!

8日(土)、札幌、ニトリ文化ホールにて「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」(NPO法人日韓文化交流会・一般社団法人札幌観光協会:共催)が開催され、大人気アーティストのパフォーマンスを一目見ようと観客が殺到、会場は満員の観客で埋め尽くされた。

折しも東京都心では、45年ぶりに積雪が25cmを記録するほど大荒れだったが、札幌は比較的穏やかな天気に恵まれた。冬の札幌らしい凛とした冷気が肌を刺したが、満席の観客の反応は熱く、札幌を揺るがした。

トップバッターは、昨年「KMF」での札幌公演が日本初登場となった「MR.MR」だ。その時の彼らのパフォーマンスで魅了されたファンも多く含まれていた。「初めての日本公演は緊張した。今日は、昨年の9月からはだいぶ緊張が解けました!」との言葉通り、より成長した姿で「Waiting for you」「Highway」を披露し、歓声に火をつけた。

5人でのパフォーマンスが続く中、リーダーのジンが「新メンバーHONは、後で会うように準備していますので、楽しみにしていて下さい!」と、日本初お披露目となるHONへの期待を高めた。

「Who’s that girl」の後、前日の様子と、「KMF2013」でのスペシャルステージ「パパパ」をVTRで紹介。すると、チェックのミニスカートで女装した6人の「MR.MR」が登場した。この日、準備してきたスペシャルステージは、「A Pink」の「NoNoNo」。「男の中の男」の異名を持つ「MR.MR」だが、「A Pink」の妖精のような可愛らしさを完璧に再現した。あまりにも可愛い、彼らの姿に、会場中のあちらこちらから、「可愛い〜〜〜!!」の声援が溢れた。

その後、長身の彼らを引き立たせる赤いロングコートに身を包み、リュ、テイ、チャンジェが客席から登場し、観客との距離を一層縮め、「約束するよ」で歌唱力を際立たせると、6人態勢となってリリースした華麗なマイクパフォーマンスが爽やかな「Do You Feel Me」で、締めくくった。

2番目の主人公は、札幌初登場となる「NU’EST」だ。今回のステージに合わせてピンクの椅子を準備し、デビュー曲「FACE」「Action」からスタートした。呼吸を整え、「SHOW TIME ! NU'EST TIME !札幌の皆さん!元気ですか?2階席も元気ですか?大好きな日本。思い出深い札幌に来れてすごく嬉しいです!憧れだったこの舞台に立ててワクワクしています!」と客席に手を振った。事務所の先輩“Orange Caramel”が3年前に出演したステージを見た彼らは、その時から、今回の舞台に立つのが夢だった事も伝えた。この寒い冬にぴったりの曲「HELLO」を歌い、「Fine Girl」、ヒット曲「Sleep Talking」で会場を沸かせた。

完成度の高い音楽とパフォーマンスで魅了する「NU’EST」だが、メンバーのうち4人は、高校卒業したばかりという10代だ。「若者で流行している音楽は?」との質問に、レンが「Girl's Day」のセクシーダンスと「Orange Caramel」の可愛いダンスも披露し、観客を喜ばせた。スペシャルステージでは、「SMAP」の代表曲「世界に一つだけの花」を日本語でカバー。歌いながら、観客に花をプレゼントする小粋な甘い演出で観客の心を溶かすと、最後は「Beautiful Solo」で、舞台を駆け回り、「皆さん大好き〜」とメッセージを伝え舞台を後にした。

最後は、既にK-POP界のトップアイドルとして光、輝く「SHINee」。オープニング映像が流れると、一段と大きくなった声援で、会場が揺れ動き、ボルテージは最高潮!「Why so serious?」でスタートし、「SHINee」ならではの高度なダンスパフォーマンスで、観客を一気に彼らの世界へ引き込んだ。

2010年に同公演に出演し、今回2度目の舞台となった「SHINee」。その際、児童福祉施設を訪問し、子供たちにプレゼントを贈り、温かい交流をした。その時の子供たちが客席に来ている事を知ると、「覚えています?お元気ですかーー?その時、手紙を貰いました!ありがとう」と手を振り声をかけると、子供たちから「SHINee〜〜〜〜」の声援が送られた。今回、子供たちにはサインCDがプレゼントされた。歌唱力が際立つバラード曲「Color of the season」でじっくり聞かせると、大ヒットナンバー「Sharlok」と続いた。

トークでは、開演前に皆で「Every body」のワンポイントダンスレッスンをした事を伝えると、「僕達が歌うので、踊って!」と、「Every body〜Every body〜EveryEvery body」と「SHINee」が歌うと、観客も一斉にダンス。難しいダンスが多い「SHINee」だが、「Every body」のDJダンスは比較的簡単だと話し、DJダンスのワンポイントレッスンも繰り広げられた。そして、「Every body」で観客とひとつになり余韻を残して舞台を後に。「SHINee!SHINee!」とアンコールが鳴り響くと、「Colorful」で応え、舞台を駆け巡り盛り上げた。

エンディングでは、「SHINee」、「NU’EST」、「MR.MR」が一同に会し、ファンと記念撮影をした後、観客にサインボールを投げ込むサプライズプレゼントを用意しファンを喜ばせた。最後は、別れを惜しむように、何度も客席に手を振り舞台を後にし、「第65回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL2014」は大盛況のうちに幕を閉じた。

公演後、「NU’EST」、「MR.MR」とのGFSCワンコインチャリティー後援者とのチャリティーハイタッチ会が行われ、ファンとの触れ合いの時間を持った。

本行事はGFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーンで構成され、収益金はGFSCアジア貧困地域子供教育支援及びGFSC東日本復興支援活動に全額寄付される。また、この日、GFSC広報大使任命式が執り行われ、「FIX」から「MR.MR」にGFSC広報大使のバトンが引き継がれた。今後2年間、GFSC活動の普及と応援に、「MR.MR」が乗り出す。

これに先立ち7日に、「MR.MR」は「NU’EST」と共に、札幌市内の児童福祉施設を訪問。子供たちにサインCDやタオル、お菓子などのプレゼントを贈ると共に、ゲームなどで温かい交流の時間を過ごした。

2009年の「韓国崇礼門(南大門)」、2010年「韓国・百済王宮」大雪像制作がきっかけとなり、韓国の人気音楽・文化を紹介しながら、日韓文化交流及び友情の輪をアジアに広げていきたい。そして、さっぽろ雪まつりを更に盛り上げたい!との思いからスタートした本行事は、今年も音楽の力で、真の日韓交流とGFSCチャリティーの分かち合うメッセージを発信し、札幌を熱く盛り上げた。

NPO法人日韓文化交流会
http://www.japankorea.org/

 

 「取材レポ」SHINee、NU’EST、MR.MRが参加でこの冬一番の熱気!「第65回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL2014」開催!

Korepoの取材レポートはこちら>>

2014.02.13

blank