ニコル、日本のライブで2年3カ月ぶりにKARAのダンスを披露

ニコル

KARAの元メンバー、ニコルが日本でのライブで初めてKARAのダンスを披露した。
日本のメディアは「KARAの元メンバー、ニコルが4月29日、東京・ディファ有明で初めてのソロライブを開催。887日ぶりにKARAのヒット曲のダンスを披露した」と報じた。
報道によると、ニコルはこの日のステージで、3人のファンと一緒にKARAの曲「ミスター」「Pretty Girl」「Honey」「Lupin(ルパン)」などに合わせでダンスを披露。KARAを応援するファンを喜ばせたという。ニコルはグループ脱退後、2年3カ月ぶりにKARAのダンスを披露したことになる。
その後、ニコルは「久しぶりのダンスだった。意外とまだ覚えている」と話しながら笑顔を浮かべ、ファンは歓声を送った。ニコルが日本でKARAのダンスを踊るのは、2013年秋のKARAの全国ツアー以来。神戸ワールド記念ホールで行われた最終公演以来、初めてだった。
ニコルは今月、韓国でのカムバックを準備している。

2016.05.01

blank