B1A4バロ、"胸がいっぱいで幸せな時間、忘れられない作品"「マスター-ククスの神」

201604280925776373_572159590b42a

人気アイドルグループB1A4バロが、短いが強烈な存在感を見せて「忘れることができない作品です」と伝えた。
バロは、27日午後から初放送されたKBS 2TVの新しい水木ドラマ「マスター-ククスの神」で、サイコパスの殺人魔に変身してすぐれた演技を披露して好評を博した。バロは、キム・ギルド(チョ・ジェヒョン)の青年時代を演じた。キム・ギルドは小さい頃から嘘をついて他人になり変わって暮らすなど、他人を欺くような人生を生きる人物で、ひどい環境での幼年期をすごしていっそう邪悪になっていく人物だ。

この日バロは、何の感情もなしに人を殺すサイコパスのキャラクターを果敢に演じた。他人の人生を生きて行くキム・ギルド役で様々な衣装とヘアスタイルでキャラクターを完璧にこなして抑制しながらも強烈なカリスマをアピールして視聴者を捕らえた。
バロは、過去ケーブルチャンネルtvNの「応答せよ1994」の大学生ピングレ、SBSの「神様がくれた14日間」の知的障害者のキ・ヨンギュ、MBC「Angry Mom」のシックな高校生ホン・サンテと多彩なキャラクターを安定した演技で消化してきた。

特に今回の「マスター-ククスの神」を通してバロは、初めて悪役にチャレンジして演技のスペクトルを広げて成熟した演技力と驚くべき吸引力で「演技ドル」ではない「本物の俳優」というタイトルが似合うという評価を受けている。
バロは、所属事務所WMエンターテイメントを通して、「今まで尊敬して来たチョ・ジェヒョン先輩の青年時代を演じるだけでも胸がいっぱいで幸せな時間でした。忘れることができない作品になると思います。今後も『マスター-ククスの神』をたくさん愛してください」と伝えた。

2016.04.28

blank