「コラム」視聴率が再度上昇!勢いがついた『テバク』

c629c7b8c0ad330fdc62f3e400844ec1写真=SBS『テバク』公式サイトより

 

一喜一憂とは、まさにこのことだろう。『テバク』の視聴率が「上がったり下がったり」を繰り返している。制作関係者だけでなく、チャン・グンソクのファンもハラハラしていることだろうが、4月26日に放送された第10話では再び視聴率が上昇気流に乗ってきた。

 

韓国では視聴率競争が注目のマト

日本でもドラマの視聴率が話題を集める。特に、人気俳優が主演しても視聴率がサッパリだと大きなニュースになってしまう。視聴率競争というのは、視聴者にとっても面白いネタなのである。

韓国の場合は、もっとその傾向が強い。競合するドラマの視聴率は逐次、ネットニュースで大々的に報道される。

まるで国民の共通の関心事であるかのような扱いなのだ。さすがに、ドラマが大好きなお国柄である。

そして、この春に話題を集めているのが、「月火ドラマ」の攻防である。なにしろ、熾烈な視聴率競争を繰り広げている地上波3局(KBS、MBC、SBS)が、偶然にも3月28日に新しいドラマを同時スタートさせたからだ。そのドラマとは、『テバク』(SBS)、『町の弁護士チョ・ドゥルホ』(KBS)、『モンスター』(MBC)の3作品である。

『町の弁護士チョ・ドゥルホ』は大物俳優のパク・シニャンが弁護士となって大活躍するドラマで、『モンスター』はカン・ジファン主演の復讐劇である。そして、『テバク』はチャン・グンソク主演の本格派時代劇だ。

 

視聴率が上下に変動する『テバク』

3つのドラマの中で、最初は『テバク』が首位を奪ったが、第4話から『町の弁護士チョ・ドゥルホ』がトップを取り返し、以後は同ドラマが首位を守っている。視聴率も12%台をずっと維持している。

『モンスター』は三番手が定位置であったが、『テバク』の視聴率が下落したときに、かろうじて2位に浮上することがある。いずれにしても、8%台前半の視聴率はまったく変わらなかった。

これらの2つの作品に比べても、視聴率がかなり大きく変動しているのが『テバク』である。

第2話では最高の12.2%を記録したが、第3話から下がり始めて、第6話で8.4%になった。

そこから一転して第7話では9.1%に上がったが、上昇気運は長続きせず、第9話では8.0%となって過去最低となってしまった。『モンスター』にも抜かれて、最下位となったのは残念だった。

とはいえ、第9話は本格派時代劇としてストーリーが大きく動きだし、とても面白くなっていた。数字には結びつかなかったが、この内容ならば「次回からの視聴率アップも可能」と思われた。

さて、結果はどうだったであろうか。

 

首位を追う態勢が整った

4月26日に放送された第10話を見てみよう。

首位を走る『町の弁護士チョ・ドゥルホ』。前話より0.1ポイント下がって12.6%という視聴率だった。

『モンスター』は前話より0.1ポイント上がって8.2%という視聴率。相変わらず8%台前半という数字は変わらない。

そして『テバク』。第9話の視聴率は8.0%であったが、第10話は0.9ポイント上がって8.9%になった。1%近くも視聴率を上昇させたというのは朗報である。これで勢いがつくことは間違いない。

確かに、物語の中盤に入って、『テバク』がますます面白くなってきた。厳しい修業の末にたくましくなったテギル(チャン・グンソク)も宮中に出没して存在感を示し、ドラマが華やかになってきた。

全体的に右肩下がりになっていた『テバク』の視聴率だが、第10話の上昇を機に一気にアップしていくことも十分に可能だろう。

今後、首位を行く『町の弁護士チョ・ドゥルホ』にどこまで迫れるか。第11話以降の展開に期待したい。

 

文=「ロコレ」編集部

コラム提供:ロコレ
http://syukakusha.com/

2016.04.27

blank