女優パク・シネ、「タンタラ」に特別出演!

201604261130772205_571ed46628cd1

女優パク・シネが、「タンタラ」に特別出演する。
パク・シネは、27日に放送されるSBSの水木ドラマ「タンタラ」の第3話にヨ・ミンジュ(チェ・ジョンアン)の会社の後輩であるパク代理で出演する。
パク・シネは、2009年にSBSドラマ「美男<イケメン>ですね」で、「タンタラ」のホン・ソンチャンPDと縁を結び、ユ・ヨンア脚本家とは2012年に観客数1300万人にのぼる映画「7番房の奇跡」で出会った。

そして、ドラマでのハヌル役のカン・ミンヒョク(CNBLUE)とは、2013年にドラマ「相続者たち」で共演し、チェ・ジョンアンとは芸能界の親友として様々なプログラムとイベントで親密な友情を示している。
パク・シネは、監督と作家、そして演技者との深い縁で4月中旬に、コーヒーと間食を差し入れるために「タンタラ」の撮影が進行中の一山製作センターを訪ねた。特に「旧イケメンバンド『A.N.JELL』が、新イケメンバンド『タンタラ』を応援します。A.N.JELLコ・ミナム」という垂れ幕は迎えた人々に笑いをプレゼントするのに十分だった。

続いてホン・ソンチャンPDとチェ・ジョンアンと共に、ドラマ「美男<イケメン>ですね」をはじめとして様々な対話をしたパク・シネは、ホン監督から「久しぶりに来たんだから、出演しなくちゃね?」という言葉にこころよく「良いですよ」と答えた。そして、いつのまにかパク代理になったパク・シネは、ドラマのマンゴーエンターテイメントの事務室におやつを持って訪ねてチソンやカン・ハヌル、チェ・ジョンアン、チョン・マンシク、コンミョン、イ・テソンとともに即席の演技を公開した。

パク・シネは、ホンPDから「やはりパク・シネだ」という称賛を受けた。ほほ笑みながら感謝の思いを伝えたパク・シネは、カンミンヒョクに自身が出演するドラマ「ドクタース」に特別出演することを提案するセンスも発揮した。
SBSドラマの関係者は、「パク・シネさんが、おやつを持って来るという知らせが聞こえた時から撮影現場は大変浮き足立って、彼女が登場すると誰もが嬉しがった。なによりホン監督の出演の提案にプロらしくシナリオもない即興の演技を披露した彼女にもう一度感謝します」と言った。

2016.04.26

blank