「取材レポ」F.CUZ(フォーカズ)“雪がすごいけど、来てくれてありがとう!”ファンに感謝!ホワイトバレンタインライブ開催!

 

韓国5人組ボーイズグループF.CUZが2月8日(土)東京・新宿 BLAZE にて『「F.ANTASIA 2014 SPECIAL LIVE」Happy Valentine with F.CUZ in TOKYO』を開催し、ファンと共に2014年の活動をスタートさせた。

記録的な大雪となったこの日は会場付近も雪に覆われて白一色の雪景色。

DSC_7116

外の天候と打って変わり、ファンたちの熱気に会場は開演前からヒートアップ!

個性的に着こなしたブラック&グレースーツで登場したF.CUZ(フォーカズ)のジノン、イェジュン、カン、レヒョン、テゴンの5人が登場。

DSC_7096 DSC_7131 DSC_7121

フォーメーションダンスと共に、「No One」「U Crazy」と2曲続けて披露し、オープニングを飾ると会場に詰め替えたファンたちのテンションは一気に上昇し、大歓声に包まれた。

リーダー・ジノンのリードで「みなさん、こんにちは。F.CUZです」と全員揃ってあいさつ。

DSC_7199 DSC_7165 DSC_7178 DSC_7162 DSC_7197

続いて「みなさん、ひさしぶりですよね。F.CUZのヴィジュアル、カンです」

「みなさん、こんにちは。F.CUZのメインボーカル、テゴンです。」

「みなさん、こんにちは。F.CUZのひまわり、イェジュンです」

「みなさん、こんにちはF.CUZの王子様、レヒョンです」とメンバーが恒例の自己紹介。

DSC_7514 DSC_7516

曲の途中でカンの背に乗るアクロバティックなパフォーマンスを見せたジノンは「みなさん、こんにちは。F.CUZのカリスマリーダー、名前は?」「ジノン!(ファンたち)」「はい。ジノンです。よろしくお願いします」と少し違った自己紹介でアピール。

イェジュンが「今日は『F.ANTASIA 2014 SPECIAL LIVE』ですよね。今年最初のライブとバレンタイン記念のライブなので、僕たちがスペシャルプレゼントを用意しましたので期待して下さい」と意気込みを示した。

ジノンが「2部はイェジュンくんのバースディーファンミーティングです。みなさん、期待して下さい」というと、ここで「いつもイェジュンくんばかり…。ジノン兄さんもカンくんも、レヒョンくんも誕生日を祝ったライブやイベントしたのに。僕は…してない!してない! 去年の9月27日はダンスレッスンしていたし….悲しい」と少しすねるテゴン。

そんなテゴンに「テゴン兄さんの人気がもっとアップしたらしましょう!」とカンが一言。

DSC_7522 DSC_7537

「なんでやねん!」とテゴンのツッコミで客席を笑わせると楽しいトークが終了、雰囲気を変えて再びライブコーナーへ。

「Midnight Sun」ではステージいっぱいに繰り広げられるパワフルなパフォーマンスにファンの目も耳も心も釘づけ。

ドラマティックな選曲で会場を酔わせた後はジノンの第一声「SOMEBODY HANDS UP!」でファンも応援のペンライトを高く上げて「Rise Up」へ。

ファンと一緒に大盛り上がりした後はひさしぶりに披露したという「Midnight Sun」の話題に。

DSC_7469

カンが「この『Midnight Sun』は韓国での2ndミニアルバムのタイトル曲です。この曲を舞台で歌うのは2年ぶりですね」というとジノンも「懐かしいですね」と応えた。

するとテゴンが「僕とレヒョンくんはこの曲が今日、初めてでしたので、いっぱい緊張しました」と歌い終えた心境を語り、「ダンスをたくさん、練習しました」とこの日を迎えるまでの努力を明かした。

DSC_7539

ジノン、カン、イェジュンの3人がダンサーを従え「Around You」を日本語で届けた後はバラード曲「MOUITIDODAKE」をテゴンとレヒョンの二人が高い歌唱力でせつなく歌い上げると会場をしっとりと酔わせ、ファンの胸を熱く感動させた。

椅子に座ってステージに登場したカンとイェジュンが「Empty」を披露すると、会場は大興奮。

女性ダンサーとのセクシーなダンスで男性的な魅力を見せつけたカンとイェジュン。

ライブ中盤ではイェジュンが初めて単独で作詞・作曲した 「D2D」を初披露!

DSC_7581 DSC_7586 DSC_7598 DSC_7600 DSC_7562

作家としての才能の片鱗を垣間見せながら、ダンサーと共に圧巻のパフォーマンスでその存在感を示した。

デビュー曲「Jiggy」、日本1stシングル「Never Let You Go」や2ndシングル「Luv Holic」などダンスナンバーからポップな曲までと彼らの魅力が詰まった全16曲を熱唱し、ファンを喜ばせた。

毎回趣向を凝らした映像でファンを楽しませくれるF.CUZ。

今回はバレンタインにちなみ、メンバーがチョコ作りに挑戦した映像が公開。

その中ではメンバーそれぞれのバレンタインのエピソードも紹介され、お決まり?のテゴンやイェジュンの女装シーンも登場し、会場を沸かした。

DSC_7603 DSC_7537

最後にメンバーそれぞれが「やっぱり、こんな熱い雰囲気がいいですよね。僕たちのひさしぶりのライブですがここまで来てくれてありがとうございます。もっと、もっと、頑張ります(カン)」

「皆さん、今日は来てくれてありがとうございます。今年も活動がたくさんあるので皆さん期待してください!(テゴン)」「今日、雪がすごいですけど、ここにたくさん来てくれて本当にありがとうございます。今年の日本での活動も期待してください。ライブやイベントがたくさんあるので、皆さん、応援よろしくお願いします(イェジュン)」「今日は来てくれてどうもありがとうございます。去年より、今年はもっともっと、会いましょう!(レヒョン)」「今日も来てくれてありがとうございます。今日のライブは終わったけど、2014年は長いですよね。僕たちは一生懸命頑張りますので、皆さんも一緒に頑張っていきましょう!(ジノン)」と感謝の言葉を伝え、ライブを締めくくった。

メンバー全員が日本語で進めるトークコーナーでも彼らの魅力が炸裂!

DSC_7647 DSC_7649 DSC_7661

アンコールでは誕生日を祝う「ハッピーバースディ イェジュン」の黄色いメッセージカードが会場を埋め尽くすファンからのサプライズがプレゼントされると、メンバーは手作りのチョコをファンにプレゼントした。

さらにイベント終了後、握手会も準備されるなど深き絆で結ばれたイベントは大盛況のまま、幕を閉じた。

取材:korepo(KOREAREPORT INC)

 

*F.CUZ JAPAN OFFICIAL WEBSITE http://f-cuz.jp/

 

 

2014.02.11

blank