新ドラマ「嫉妬の化身」側、コン・ヒョジンの”条件要求”はなかった… 「時期が合わなかっただけ」

新ドラマ「嫉妬の化身」側、コン・ヒョジンの”条件要求”はなかった… 「時期が合わなかっただけ」

韓国の新SBSドラマ「嫉妬の化身」を制作するSM C&C側が、KBSドラマ局の主張に反発した。

「嫉妬の化身」側は21日、「出演者側が、ドラマ制作陣に外注プロデューサーやその他の条件を要求したことは一度もない」とする立場を明かした。

また「制作の日程上、8月に放送をスタートすることになるが、KBSは9月編成を提案した。これに、SBSと協議した後、編成を決定したもの」と説明した。

これを前に、KBSとSBSは「嫉妬の化身」の編成をめぐって神経戦を繰り広げ、以降、SM C&C側が「SBS水木ドラマ編成で、来る8月に放送する」と発表し、ひと段落したかのようにみえた。しかし、KBSはこれを受け入れ難いと反発し、女性主人公を演じるコン・ヒョジンが編成および撮影時期、制作陣の選定を要求したと主張して物議をかもしていた。

WOW!korea提供

2016.04.21

blank