「TAKE」、9か月ぶりに新曲を発表

「TAKE」、9か月ぶりに新曲を発表

韓国グループ「TAKE」がニューデジタルシングル「WHY」を21日正午に公開する。

去る19日、JTBC「シュガーマン」を通じて、約10年ぶりに完全体で登場し、代表曲「Butterfly Grave」と「BABY BABY」を再現し視聴者を思い出の中へ引き込んだ「TAKE」のメンバー、シン・スンヒとチャン・ソンジェが21日正午、各オンライン音源配信サイトでデジタルシングル「WHY」発表する。

「TAKE」は2003年に1stアルバムタイトル曲「BABY BABY」でデビュー。9年の空白の末、昨年4月、シン・スンヒとチャン・ソンジェの2人組で再編し、デジタルシングル「ある春の日に」で歌謡界のカムバックした。2ndアルバムPART.1「TAKE」、デジタルシングル「Rainy Day」などを発表し、絶えず音楽活動を続けている。

昨年7月にリリースしたデジタルシングル「Rainy Day」以降、「TAKE」が約9か月ぶりに発表するデジタルシングル「WHY」は愛する女性に積極的に気持ちを表現する男性の話を込めた曲で、シン・スンヒとチャン・ソンジェの魅力的なハーモニーが引き立つ甘く温かいメロディーの曲である。

特に、今回の新曲は「TAKE」の「ある春の日に」や「Rainy Day」、KBSドラマ「武林学校」OST「中毒」、歌手イ・ヨンヒョンの2ndアルバムタイトル曲「その冬」などのプロデュースに参加したメンバーのシン・スンヒが作曲し、作詞には「TAKE」の2人が共同制作し。再びシンガーソングライターとしての一面を発揮した。

所属事務所CI ENT側は「最近TAKEに多くの関心を示してくださり、心より感謝している。TAKEの新曲『WHY』をはじめ、来る6月に開催される小劇場コンサートなどTAKEの今後の活動にも多くの期待と関心をお願いする」と伝えた。

WOW!korea提供

2016.04.21

blank