ドラマ「タンタラ」ヘリ(Girl’s Day)、弟ミンヒョク(CNBLUE)の判決に涙

≪ドラマNOW≫「タンタラ」ヘリ(Girl’s Day)、弟ミンヒョク(CNBLUE)の判決に涙

※ネタバレになる内容が含まれています。

20日に放送開始したSBSドラマ「タンタラ」1話では、ハヌル(カン・ミンヒョク(CNBLUE))が性的嫌がらせの容疑による裁判を受ける様子が描かれた。

ハヌルは、被害者の証言によって性的嫌がらせを犯したとして判決が出ても微動だにせずにいた。クリン(ヘリ(Girl’s Day))はハヌルの生活記録簿を読みながら裁判官に抗議したが、受け入れてもらえなかった。

裁判官が判決を出すと、ハヌルは少年院に送って欲しいと言った。ハヌルは「僕には全て同じだ。どうして僕の助けが、性的嫌がらせになってしまうのかわからないが、どうせ僕は犯人になってしまい、姉さんは大変な思いをする。少年院に入って静かに過ごすのが姉さんの気持ちを楽にすることになる。そうしてください」と言った。

裁判官は容疑にあった処分を下した。ハヌルが連れて行かれると、クリンはハヌルの判決に大泣きして悔しがった。

WOW!korea提供

2016.04.21

blank