ソフィーの復讐 ソ・ジソブ チャン・ツィイー 舞台挨拶&会見

 

10月29日午後、東京・丸の内ピカデリーにおいて、映画『ソフィーの復讐』の 先行ジャパンプレミアが行われ、主演のアジア№1女優チャン・ツィイーと、 韓国のトップ俳優ソ・ジソブが舞台挨拶に登場した。

ソフィーの復讐 ソフィーの復讐舞台挨拶 

映画『ソフィーの復讐』は、チャン・ツィイー演じる女流漫画家ソフィーと ソ・ジソブ演じるジェフは恋人同士。プロポーズされソフィーは世界で一番幸せな 女性になったが、結婚寸前でフラれリベンジを誓うというロマンチック・コメディ。 中国で公開されると同時に初登場第1位を獲得、ソフィー旋風を巻き起こした。 チャン・ツィイーの今までのイメージをひっくり返す、キュートでコミカルな演技は 絶賛をあびた。

 

ソフィーの復讐

ソ・ジソプは新しいジャンルのロマンティックコメディに挑戦。台詞は中国語、 撮影も中国という環境の中、完璧に演じ、中国語の発音は素晴らしいと褒められる までになった。

舞台挨拶に登場したチャン・ツィイーは、 「皆様こんばんは、チャン・ツィイーです。」(日本語) 「今回、新しい作品を連れて来日できとても嬉しいです。

 

毎回、私の映画で日本の皆さんにお会いできとても嬉しいです。 今までの作品とは違い、初めてラブ・コメディーに出演しました。 そして、初めてこの映画のプロデューサーを勤めました。 この映画を皆さんにご覧いただいて、好きになっていただければ嬉しいです。 ソフィーと同じような幸せな結婚生活が送れますように、是非楽しんでください。」

 

ソ・ジソプ 「皆さん、こんばんは。1ヶ月振りにまた皆様にご挨拶することになりました。

今回は『ゴースト』ではなく、『ソフィーの復讐』で皆さんとお会いでき本当に嬉しく 思っています」と挨拶、会場を沸かせた。

-チャン・ツィイーさん ソ・ジソブさんの魅力は何ですか?- 「私が言うまでもなく、ご来場の皆様のほうが、よく分かっているのではないでしょう か? この役は、ジソブさんにとって、簡単な役ではなかったと思います。 彼は、映画の中では中国語をしゃべらなくてはいけないし、 撮影場所も見知らぬところで、スタッフも見知らぬスタッフですし。 私も以前、日本での撮影、アメリカでの撮影の時にそうでした。 結構辛かったときもあったかと思います。 彼は、非常に勇気があって、新しい試みをしようと、プロフェッショナルな役者だと思 い 大変尊敬しています。 この場をかりまして、本当にソ・ジソブさんに感謝を申し上げます。」

 

ーソ・ジソブさんエピソードはありますか?ー 僕は、チャン・ツィイーさんのことを映画で拝見していました。 本当に憧れの女優さんでした。 本当に中国で、チャン・ツィイーさんと撮っているのかと思うぐらい、 そんな気持ちで撮影していました。 中国語のセリフは本当に難しくてストレスを感じたこともあったのですが チャン・ツィイーさんは、海外での経験が長いので いいアドバイスを沢山してくれました。 決してストレスを感じることなく、楽しんで幸せな気持ちで撮影してくれればいいです よと 言ってくださいまして、それが大きな力になりました。」

 

ーチャン・ツィイーは映画の中で、好きな台詞を教えて下さいー 「今、ふと思いだしました。 『科学的な方法に元づいて失われた愛を奪い返す』そういう台詞がありました。

 

ープロデューサーとしてジソブさんを起用しましたがー 「ソ・ジソプさんには、代表作品に沢山出て欲しいと思います。 「今回残念ながら、共演する場面が少なかったので またいずれ機会があれば是非共演したいと思う」

 

ーソ・ジソブさん、ファンに囲まれた心境はー 「先ほどは熱くて汗を沢山かいてしまいました。それは、皆さんの熱気を全身で 沢山浴びたからだと思います」

 

ー日本の役者さんで誰を起用したいですか?ー プロデューサーという立場は、自分の好きなテーマを映画化したり、好きな役者と 実現可能だと思います。 『SAYURI』という作品に出演しまして、日本の素晴らしい俳優、渡辺謙さん、役所広司 さん という方々と共演したことがありました。 日本の素晴らしい方々と仕事をしたいと思います。

 

ープロデューサーとして苦労した点と良かった点はー 「プロデューサーというのは、 準備の段階から、自らいろいろなところにかかわっていかなければならない。 とくに、細かいところ。スタジオを借りて、延長したいときは 自らオーナーと、値段交渉などもしなくてはならない。 いろいろな気をかけることが多く、いろいろなところを自らやらなければ意味が無いし、 とても勉強になりました。 また、いかに快適な環境を作り出して、役者の皆さんが 快適に働けるようになるか、というのもプロデューサーの仕事で、大変だったが とても勉強になった。」と語り、これからの意欲を表していた。

ー幸せだと思った時はー 「映画が公開されて、9600万人民元の興行収入をおさめることができた事」

 

ーもうじきハローウィンだと思いますがお二人はどんなハローウィンを過ごされますか ?ー ソ・ジソプ

「多分仕事しています」 チャン・ツィイー 「オフなら、ソ・ジソブ氏にふんして街に出てみようかなと思います」 (映画の中のような姿で)

 

とてもチャーミングでユーモアたっぷりな、素敵なチャン・ツィイーと ソ・ジソブのいままでに見せたことの無い素敵な笑顔が溢れていた会見だった。 これが、この映画の魅力をもの語っているだろう。 公開が待ちどうしい。 公開は2010年1月9日(土)より 東京・新宿ピカデリー他全国 ロードショー!!

ソフィーの復讐 lass="left30" /> ソフィーの復讐 ソフィーの復讐

2009.10.30

blank