<KBS World>ナ・ヘリョン(BESTie)主演「TV小説 私の心は花の雨」日本初放送!

私の心は花の雨 メイン©KBS


日本初放送! ナ・ヘリョン(BESTie)主演。
戦争によって運命が入れ替わってしまった主人公たちが繰り広げるハートウォーミングストーリー。

 

TV小説 私の心は花の雨
2016年

2016年5月16日(月)スタート!

本放送【月~金】14:15~15:00
再放送【月~金】08:15~09:00

2016年 全120 話(予定)

演出:オ・スソン
脚本:ハン・ヒジョン、ムン・ヨンフン
出演:ナ・ヘリョン(BESTie)、チ・ウンソン、チョン・イヨン、イ・チャンウク他

 

見どころ
*戦争によって運命が入れ替わってしまった主人公たちが繰り広げるハートウォーミングストーリー。
*韓国戦争が起こって33年。そして休戦協定を結んで30年がたった今。戦争が生んだ離散家族、戦災孤児の心の傷をテーマに逆境にも負けない明るく元気なヒロイン コッニムが本当の家族の絆を見つける心温まるストーリーをお届け。
*K-POPアイドルのBESTieのナ・ヘリョンのドラマ初主演作!そして『輝くか、狂うか』のチ・ウンソン、『TV小説 それでも青い日に』のチョン・イヨン、『今日から愛してる』のイ・チャンウクなどフレッシュな若手俳優が出演!

 

あらすじ
戦争の惨禍の中、他人の生活を奪った女性と、それによって全く別の人生を歩むことになってしまった子どもたちの夢と愛、そして‘許し’と‘和解’の物語。スンジェ(パク・ヒョンジュン)は恋人のヨニ(イム・チェウォン)の妊娠を知り、結婚の約束を交わしていた。同じ頃、スチャン(チョン・ヒテ)の子どもを妊娠したイルラン(イム・ジウン)はスチャンに一緒に暮らそうと提案するが、彼は難色を示した。そしてやがて戦争が起こり、政府からの避難命令によってスンジェとヨニは2人で避難の道を辿っていた。一方、イルランは臨月の体なのに一人で避難するのだが…。

 

登場人物

チョン・コッニム役:ナ・ヘリョン(BESTie)チョン・コッニム役:ナ・ヘリョン(BESTie)

21歳。スンジェとヨニの実の娘。
20年前、生まれたばかりの赤ちゃんの時にイルランの陰謀によって実の母ヨニと離され道に捨てられてしまう。そんなコッニムを見つけて家に連れて帰り、今日まで育ててくれたのがギテクとチュンシムだ。
問題を起こす義理の父の後始末をしたり、義理の母からの差別を受けながら育つが一度も嫌な顔をしたことはなかった。他人のことを真っ先に考える優しくて思いやりのある、明るく元気で意志の強い女性。
義理の父ギテクの借金返済の為、チュンアン劇場に就職し そこでソノという青年と出会う。

 

パク・ソノ役:チ・ウンソンパク・ソノ役:チ・ウンソン

24歳。‘チュンアン劇場’の社長ミンギュの1人息子で、韓国大学の法大生。
見た目は、何の不自由もなく育ったお坊ちゃまのように見えるが、実は胸に熱い想いを秘めた大学生。
学生運動に参加して警察署に連れて行かれたソノはそこでヘジュと出会う。しかし息子が学生運動に参加していることに不満を持った父ミンギュの妨害に
よって一緒に学生運動をしていた友達が危険な目に合うことになってしまう。ソノは友人を救うため、学校を休学し父が運営する劇場で仕事をすることに。
働き始めた劇場で明るく逞しく生きるコッニムに出会い、自分とは違う彼女に好奇心を持つようになる。

 

ミン・へジュ役:チョン・イヨンミン・へジュ役:チョン・イヨン

21歳。イルランの娘。
ゲオクのたった一人の孫娘で、韓国大学 医学部に在学している。スンジェの後を継ぎ、偉大な医者になることを目指していて母イルランの勧めも聞かず、きつい医大生生活をこなしている。学生運動に興味はなかったが無理矢理連れて行かれて参加し、警察署に連れて行かれるが、そこでソノに出会う。ソノの正義感溢れる男らしい姿勢に一目ぼれして以来、ソノと親しくなるために口実を見つけては会いに来る。

イ・ガンウク役:イ・チャンウクイ・ガンウク役:イ・チャンウク

25歳。子どもの頃から孤児として育ったガンウクは今、ミンギュのために働いている。幼い頃、道端をさまよっているのを見つけて仕事をくれたのがミンギュだった。ミンギュの息子ソノとは本当の兄弟のような関係で、兄弟のいないソノが兄のように慕う存在。デモの行列の中からソノを探していたとき、コッニムに出会う。彼女の暖かくて優しい性格に好意を持ち、一途にコッニムだけを想うようになる。

 

©KBS
【KBS Worldチャンネル情報】
韓国専門総合エンターテイメントチャンネル
<KBS World>
スカパー!、全国のケーブルTVほかで視聴可能
KBS World視聴者相談室 TEL:03-6426-1784
KBS World HP http://www.kbsworld.ne.jp/
KBS World公式Twitter @KBSJAPAN
KBS World公式LINE@ @kbsworld

2016.04.10

blank