「インタビュー」映画「二十歳」ジュノ(2PM)のオフィシャルインタビュー

映画「二十歳」ジュノ(2PM)のオフィシャルインタビュー

4月2日(土)、ジュノ(2PM)映画初主演、「サニー 永遠の仲間たち」の“言葉の魔術師”が贈る3人の若者の恋と友情を描いたとびきりキュートな青春グラフィティ「二十歳」のBlu-ray&DVDが発売、レンタル開始となった。

主演ジュノ(2PM)のオフィシャルインタビューが届いた。

 

−初めて台本を読んだ時の印象と、出演を決めて理由について教えてください。
台本を見せてもらったのは、会食の席だったと思います。とても面白くて食事をするのも忘れてその場で最後まで読んでしまいました。それに何よりも自分と同じ世代の物語で、こういうストーリーは最近ではめずらしく思えたので、そういった面でも特別な感じがして出演を決めました。セリフがとてもおもしろくて、それをどんなふうに演じたらいいだろうか、どうすれば作品のおもしろさが伝わるだろうか、というのも気になりましたね。

 

−演じたドンウについて簡単に紹介してください。
ドンウは漫画家になることを夢見ている浪人生です。家が経済的に苦しく、自分でアルバイトをしながら生活費を稼ぎ、大学入試のために美大予備校に通うという多忙な生活を送っています。二十歳頃の若者の特有の悩みや色々なプレッシャーにもがき苦しむキャラクターでもあります。

 

−キム・ウビンさんやカン・ハヌルさんと共演してみていかがでしたか。
本当によかったと思ったのは、実際に3人が同い年だったことで、なので話が通じるところが多かったです。撮影の時も、互いに相手に合わせて映画を撮っているっていう感じじゃなくて、映画を一緒に作っているという感じがとてもうれしかったですね。撮影が終わった今までも連絡を取り合ったりしています。お互いとても忙しく、みんな一生懸命にがんばっているので、互いに励ましあいながら楽しく過ごしています。

 

−ドンウに思いを寄せる役を演じたイ・ユビさんと共演してみてどうでしたか。
ドンウのことをずっと追いかけている女性を演じてくれました。映画ではドンウはちょっと重くて暗い役どころで、その重くて暗い部分が、イ・ユビさんが演じたソヒによって少し軽くなって、見る人がドンウに親近感を抱きやすくなっていると思うんですね。イ・ユビさんはソヒの役をとてもうまく演じきってくれて、撮影でもいつもエネルギーにあふれていて明るくて、彼女のおかげでいつも撮影現場は楽しかったですね。

 

−七三分けの髪形やコミカルな演技など、今まで見ることのできなかったジュノさんの姿を今回の映画を通じてたくさん見ることができたのですが、コミカルな演技はたいへんではありませんでしたか。
実は、最初この作品をコメディだとは考えていなくて、そういうアプローチの仕方はせずに、この作品に取り組んだのですが、まったくのコメディでしたね。 ただ、無理に笑わせようとすると、笑いも生まれなくて不自然な感じになるので、無理に笑わせようと考えずに、できるだけリラックスして演じるようにしました。3人の主人公たちがどのように演じれば、おかしくコミカルに見えるか悩みどころでもあったのですが、撮影しているうちに自然とそのような雰囲気になって、それもこれも、同じ年の3人でリラックスして演じることができたから、自然な笑いを作り出すことができたのだと思います。

 

−高校の制服を着て、演技してみた感想は?
個人的は、制服をもう少し着ていたかった(着るシーンがもう少しあるとよかった)と思ったのですが、短くて少し残念でした。

 

−「2PM」のメンバーたちは、ジュノさんの演技を見て何か言っていましたか。
男性も見た時におもしろいと感じる映画ですし、映画の中に出てくる会話がほかのメンバーたちの話題になり、色々と言われましたね。「あんなセリフありかよ?びっくりしたよ」って。みんな、映画が新鮮に感じられたみたいです。重要な役をうまく演じていたと言ってくれましたね。それからヘアスタイルについても言われました。映画をみ終わったあと、あのヘアスタイルだけが記憶に残っているそうです(笑)。

 

−俳優としての活動の目標などはありますか。
演技は始めたばかりの段階なので、与えられた役をちゃんとやれるようになりたいですし、自分の演じる姿がスクリーンにどのように映るのかも気になりますから、色々な役をやってみたいですね。

 

−日本のファンの皆さんにごあいさつをお願いします。
学校を出たばかりの3人の若者たちの、夢や自分の将来に対する悩みや不安、そして愛と友情を描いた作品です。ご覧になれば、あぁこんな感じの人は、自分の周りにもいると思えるようなキャラクターで、彼らの抱く夢や悩みや不安といったものをとてもリアルに描いていると思います。とても共感できる作品だと思いますし、とてもおもしろいので、周りの人たちにも勧めてくださるとうれしいです。映画「二十歳」たくさん愛してください。 ありがとうございます。

 

『二十歳』4 月2 日(土)発売 ※同時レンタル開始
・二十歳 豪華版 スペシャル Blu-ray BOX【初回限定版】(価格:¥8,800+税)
・二十歳 豪華版 スペシャル DVD BOX【初回限定版】(価格:¥7,800+税)
※通常版も同時発売!(価格:Blu-ray¥5,700+税/DVD¥4,700+税)
【発売・販売】NBCユニバーサル・エンターテイメント
(C)2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD. All Rights Reserved
http://www.kandera.jp/sp/hatachi

WOW!korea提供

2016.04.07

blank