iKON、日本でのコンサートで涙を流した理由!

201604061017771113_57046463323ab

人気アイドルグループiKONが、日本アリーナツアーの追加公演のメイキング映像を公開した。
iKONは、6日午前10時にNAVER TVキャストを通して3月12日、13日の幕張メッセのイベントホールで開催した千葉公演とともに3月15日に大阪城ホールで開催された大阪公演のメイキング映像を公開して注目を集めた。
該当の映像のiKONは、出発直前に空港で「待ってください。僕らが行きます!」と叫んでときめく感情を現わした。千葉公演に先立ってメンバーのキム・ドンヒョクは、YGの公式キャラクターのKRUNK(クランク)に完壁に変身して、入場を待っているファンと写真を撮ったりハグをするなどサプライズイベントを準備した。その後、ドンヒョクは本ステージでもキャラクターの扮装で再登場し、この姿にファンは湧きかえって熱い声援を送った。

続く大阪公演では、控室で忙しそうに準備するメンバーの様子がキャッチされた。メンバーのジュネは、「風邪をひきました。でも普段のようなステージをお見せするので絶対心配しないでください」とお願いした。
この日iKONは、情熱的なパフォーマンスを公開して会場を熱く焼いた。またファンの烈火のような声援に、メンバーは感動の涙を流しながらまともにコメントをすることができなかった。リーダーB.Iは、「日本ツアーの最後の公演を大盛況で終えました。僕が最高だという気分を味合わせてくれました」と語り、また他のメンバーノユニョンは、「いっそう成熟した姿をたくさんお見せできるように努力します」と心境を伝えた。

iKONは、日本初のアリーナツアーで約14万6000人の観客を動員し、続いて台湾と香港などでアジアツアーを行っていく。

2016.04.06

blank