「コラム」危うし『テバク』!激しい視聴率争いを読む

006

KBS、MBC、SBSが韓国の地上波3局。常に熾烈な視聴率競争を繰り広げているが、現在は月曜日と火曜日の午後10時から同時間帯で放送される3つの「月火ドラマ」の争いが大きな注目を集めている。それは、3つのドラマが同じ3月28日から始まったからだ。条件は同じ。比較しやすいだけに、視聴率競争が興味深いのである。

 

スタートの1位は『テバク』

KBSが放送するのは、『町の弁護士チョ・ドゥルホ』。大物のパク・シニャンの主演で話題性が高い。

MBCは『モンスター』。カン・ジファンが主演する復讐劇である。

そして、SBSはチャン・グンソクが主演する大型時代劇の『テバク』。チョン・グァンリョル、チェ・ミンスなど共演の俳優陣も充実している。

3つのドラマの視聴率競争の第1ラウンドは3月28日と29日の放送分。結果はどうだったか(数字はニールセン・コリアの全国調査の視聴率)。

1位を取ったのは『テバク』で、初回の視聴率は11.8%で、第2話は12.2%だった。第2話のほうが高くなったのは幸先が良かった。

2位は『町の弁護士チョ・ドゥルホ』で、初回が10.1%で、第2話が11.4%という結果になった。

出遅れたのが『モンスター』である。初回が7.3%で、第2話も7.0%と伸びなかった。

第1週はこのような結果になったが、それを受けて第2週が注目された。

f119bc0ad13ddc6496520a93c1d692ae果たして『テバク』は巻き返せるか(写真/韓国SBS『テバク』公式サイトより)

 

アドバンテージがなくなった
第2週になって1位になったのが『町の弁護士チョ・ドゥルホ』である。第3話が10.9%になって前話から落ちたが、第4話が11.3%となって少し戻した。それでも、第2話の11.4%に及ばないのだが、なんとかトップになった。

視聴率が下がっても1位になれたのは、『テバク』の視聴率が下落したからだ。『テバク』の第3話は11.6%と高い水準を維持していたが、第4話は9.5%と2.1ポイントも下がってしまった。

一方の『モンスター』は、第3話が9.5%であり、第4話が8.9%という視聴率だった。

こうした結果をどのように分析すればいいのか。

『テバク』の視聴率が下がった理由の1つは、『六龍が飛ぶ』の効果が薄れたことが挙げられる。

『テバク』の前週まで同時間帯のSBSで放送されていた『六龍が飛ぶ』は、最終回の視聴率を17.3%で終えていた。その好調さを引き継いで始まった『テバク』には、少なからずアドバンテージがあったのである。

しかし、第2週になると、それも効かなくなる。その結果が視聴率を下げた理由として挙げられる。

もう1つは、歴史的な大事件を描くうえで活躍したベテラン俳優の熱演がひと段落して、若手にストーリーが切り替わったからかもしれない。いわば、時代劇に目が肥えた熱烈な視聴者が、少し様子を見るようになったとも言えるのだ。

当然ながら、『テバク』の制作陣と俳優たちも危機感を強めているだろう。とりわけ、チャン・グンソクは『テバク』以前の主演ドラマが2作続けて低視聴率に終わっている。彼が自ら「臥薪嘗胆」と述べたように、今回は相当な決意で新作に臨んでいる。

やはり、ドラマを引っ張っていくのが主役の務め。まだまだ始まったばかりで、巻き返すチャンスはいくらでもある。

今後のチャン・グンソクの熱演に期待したい。

(文=「ロコレ」編集部)

コラム提供:ロコレ
http://syukakusha.com/

2016.04.06

blank