「インタビュー」BTOB、「ヒーリングドル」と「ビーグルドル」のふたつの魅力!

201603281845779509_56f90d7e073d6

一歩遅れて光を見たぶん、今の位置がいっそう貴重なBTOBだ。メロディーのファンのおかげだというのもよく分かっている。成長するほどにいっそう謙虚で、現在に感謝することができる正しい気性も持ちあわせた。本当に美しい7人の青年たちだ。
BTOBが、28日に新曲「春の日の記憶」を持って帰って来た。去年の「大丈夫」、「家に帰る道」に続いて3曲連続のバラード曲だ。「ヒーリングドル」の足場をしっかりと固めようというのだ。「人気アイドル」に浮上したBTOBにカムバックの日に出会った。「ヒーリングドル」と「ビーグルドル」の間でBTOBの魅力は相変らず輝いた。

◆ 「別れの痛みを経験した方々『春の日の記憶』をきいてください」
タイトルから春の香りが感じらるが、「春の日の記憶」は甘いラブソングでない。はかない感性を抱いた「ヒーリングソング」だ。前曲でつらくて苦しい人生を慰めて優しく励ましてくれたとしたら、今回の「春の日の記憶」では別れの痛みを慰労してくれる。BTOBのなごやかなメロディーと歌詞に聞き手が治癒を受けている。

「3曲連続でバラードなので危険なチャレンジだともいえますが、僕らはBTOBとしての遠い未来を見ています。最大値が10なら3曲のバラードは、実は1くらいにしかならないですね。これからお見せするものがずっと多いです。ダンスパフォーマンスを待つファンも多いですが期待してください。どんなジャンルでもこなします」(ユク・ソンジェ)

「他の春のシーズンソングは、甘くて明るい感じですが僕らの『春の日の記憶』はどこか温かくておぼろげな感じを受けます。去年発表した曲が愛より人生に対する希望的なストーリーを盛り込んだとしたら、この曲は春の日の愛と試練の痛みを歌いました」(イム・ヒョンシク)

201603281845779509_56f90d7ea118f

◆ 「BTOBはカメレオンのようなグループです」
「ヒーリングドル」と呼ばれる前のBTOBは、「ビーグルの魅力」で少女ファンの心を盗んだ。一時もじっとしていないメンバー7人が集まったので「ビーグルドル」としてアピールしてきた。インタビューでも、真摯な返事をしながらいたずらっぽい表情で取材陣さえ思わず微笑んでしまう。ふたつの顔のBTOBだ。

「ステージの下ではビーグルの魅力が好んでくださって、ステージ上では音楽を愛する真摯な姿を好んでください。バラード曲を続けて歌って見ると、実際の僕らの性格との距離を心配する方々がいますが、そんな心配はないです。BTOBが行く道と歌わなければならない歌はまだまだたくさんあります。(ソ・ウングァン)

「僕らは曲に合わせてイメージを変えることができます。メンバーそれぞれが隠している才能が多いです。もし反抗児のコンセプトの曲をもらったらそれにふさわしく変身します。キュートな歌ならまたそのように変わります。今はバラードを歌っているから感性的な姿でステージに立っています」(イ・ミンヒョク)

201603281845779509_56f90d7f138c1

◆ 「信じて見て聞くBTOBに期待してください」
2012年にデビューしたBTOBは、去年10月に初めてMBC「SHOW CHAMPION」で「家に帰る道」で初めて1位のトロフィーを抱きしめた。トップに上がるまで約1310日がかかった。しかし、これからもっと上がる所が多いのでBTOBは今日も黙々と歌って踊る。神話(SHINHWA)に続く「長寿ドル」のタイトルを得るために。

「去年1位になったとき涙が出なかったのは、僕らの前にいたファンの皆さんがあまりにも泣いてくれてびっくりしたんです。実は、大きく実感が湧きませんでした。何といってもソンジェがそのステージに一緒にいなかったので特にそうだったみたいです。その感情を感じるようになる日がまた来るでしょう?」(チョン・イルフン)

「僕らも知って見ればセクシーです。それほどお見せするものが多いということです。今回の『春の日の記憶』で聞きたい言葉ですか?『信じて聞くBTOB』、『信じて見るBTOB』です。そうなれるように熱心に活動します」(イ・チャンソプ、プニエル)

2016.03.29

blank