「インタビュー」EXOスホ(キム・ジュンミョン)、“悪い噂もないのは、私生活もないから”

article

人気アイドルグループEXOのメンバーであり演技者のキム・ジュンミョンが、自己管理が徹底した生活について告白した。
キム・ジュンミョンは、24日午後ソウルのあるカフェで行なわれたインタビューで、映画「グローリー・デー」に関するトークとともにアイドルとしての生活についても打ち明けた。
この日キム・ジュンミョンは、「模範的な生活青年」のイメージについて言及すると、「純粋で模範的な方です」と笑った。彼は、「僕の考えは、誰より模範的に暮すしかないのがアイドルです。多くの人の目があるから誰より模範的な暮らしをするようになります」と言った。

彼は続いて「僕の場合は、両親の影響をたくさん受けました。礼儀をとても重要視します。自己管理も熱心にする方です。これといった私生活があまりないです。スケジュールが忙しくてプライベートな生活を楽しむ時間がないです。それでよくない噂もないようです」と明らかにした。
EXOスホとして知られたキム・ジュンミョンは、今回の映画を通して本名で活動する。その理由を尋ねると、「僕が演技をするとしたら、キム・ジュンミョンという名前を使いたかったです。意味が『まめに努力して大きな将軍になりなさい』と言う意味です。小さい時から気に入っていました」と伝えた。

そして「歌手の時も、使おうかと思いましたが発音が弱いという意見が多かったです。それでスホになりました。演技をする時は、もっと人間的で率直な姿でお目にかかりたかったです。僕が先に提案すると、会社でもこころよく承諾してくれました」と付け加えた。
キム・ジュンミョンはまた、映画の内容と「グローリー・デー」というタイトルの雰囲気が違うという点について、「僕はタイトルが大好きです。タイトルとちょっと違った、意外な雰囲気がもっとインパクトを持ってテーマを伝達しなだろうかという思いがしました」と自分の考えを明らかにした。

「グローリー・デー」は、二十歳に初めて旅に出た友人達の静止した時間を切なく描き出した青春映画だ。キム・ジュンミョン、リュ・ジュンヨル、ジス、キム・ヒチァンなどが出演して24日に公開された。

2016.03.27

blank