木村拓哉、ジョシュ・ハートネット、イ・ビョンホンらの美しい男達の競艶!!

 

アイ・カム・ウィズ・ザレイン5月27日(水)6時より東京ミットタウン内 芝生広場で映画「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」のワールドプレミアが開催された。

 

映画のキーワードとなる「十字架をイメージしたクロスカーペット」のステージ に木村 拓哉、トラン・アン・ユン監督、ジョシュ・ハートネット、、トラン・ヌー・イ ェン・ ケー、イ・ビョンホンが登場! 木村拓哉は大歓声の中「この映画に参加でき嬉しい。」また、「大変な事やいろ いろあ ったが、ゴールが必ず待っていてくれる。日本で公開されて嬉しい。」と笑顔で 挨拶。

 

監督はフランス語、ジュシュは英語、ビョンホンは韓国語と言葉が違うが、コミ ニケー ションは英語で おこなった。

 

また、「香港でおこなったロケは問題なくできたが、フィリピンでおこなったロ ケは、 危険地帯のため軍に警備して貰いながら撮影した。」

 

撮影中「小道具のお じさん が、劇用の拳銃を前触れもなく試し撃ちを したら銃声が響き一斉に私達に銃口を向けられた。」と驚きのエピソード披露。

 

監督は「日本のファンは温かく迎えてくれ、日本に来るのが楽しみ」と語り、「 監督の 仕事とは、俳優の個性に合わせていく事」また「日本の洗練された感覚で映画を 感じて ほしい」と笑顔で挨拶した。

 

ジュシュは「大好きな監督と素晴らしい共演者に恵まれ、大勢の方々に歓迎され てとて も嬉しい」 イ・ビョンホンは大歓声に包まれて挨拶「静かな中で撮影した。皆さんの歓声と 関心の 高さがわかりとてもわくわくしている。彼(木村拓哉)とは2度目の共演で、寡黙 で内 向的といわれているが、親しくしていただき楽な気持ちで撮影できた」と語った 。

 

映画の中で涙をながしたシーンが印象的だったとの質問には、 「血も涙もない隙のないやくざのボスの役、普段は残忍非道の人物だが、超自然 的な力 を感じた時にまるで自分が告白懺悔をした感覚にとらわれ、演じながらも瞬間そ の感覚 の陥り自然に涙が流れた。」と明かした。

 

この映画は、他人の痛みを身代わりになって引き受けるという不思議な力を持つ シタオ 役に、監督に天才肌の俳優と評された木村拓哉が、香港マフィアのボス、ドンボ に韓国 の大スター、イ・ビョンホン、元刑事の探偵クラインにハリウットスターのジョ シュ・ ハートネット、各国の人気、実力のあるイケメン俳優の競艶とアメリカ、香港、 フィリ ピンを巡るサスペンスアクション。

 

木村拓哉の痛々しくも美しい演技と存在感に圧倒され、俳優達の苦悩と耐える姿 が美し く描きだされ、衝撃のラストをむかえる。

 

6月6日(土)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー!

 

2009.06.03

blank