4月16日、「花より男子~Boys Over Flowers」日本放送記念イベント

開催に先立ち、F4のイ・ミンホ、キム・ヒョンジュン、キム・ボム、キム・ジュ ンとヒ ロイン役の ク・へソンがイベント会場のJCBホールで記者会見をおこなった。

神尾葉子原作の同名大ヒット漫画のドラマ化、台湾、日本に続き韓国と大旋風を 巻き起 こしただけあって、 会見には、200人を超える報道陣が集まり関心の高さがうかがわれた。

 

F4F4

ステージ上に現れたF4とク・へソンは報道陣の多さにびっくりした様子で、報道 陣の前 に立ち 会見に臨んだ。

 

イベントの感想を聞かれると・・・ イ・ミンホ(ク・ジョンピョ:道明寺司)「日本の公式イベントに参加するのは 初めて ですが、本当に沢山の方が熱烈に応援してくれ、楽しく幸せな時間を過ごす事がで きました。

 

今日来てくださった方には本当に感謝します。」 キム・ヒョンジュン(ユン・ジフ:花沢類)「韓国版、花より男子をこれほどま で関心 を    寄せてくださるとは思わなかったので有難く思っている。」 ク・へソン(クム・ジャンディ:牧野つくし)「多くの方に愛情を寄せていただき感 謝しています。

 

日本でもヒットしてほしい。」 キム・ボム(ソ・イジョン:西門総二郎)「韓国で撮影しているときも日本から の声援 が届き、とても力になりました。

応援してくださる皆さんとお会いできて、とても嬉しいです。」 キム・ジュン(ソン・ウビン:美作あきら)「韓国で撮影しているときも日本の 多くの 方が応援してくれていることを聞いていました。韓国まで来てださった方々ともお会いできました。残り の時間 も楽しんでいきたいです。」とそれぞれ感謝の言葉を表した。

 

見どころはの質問に・・・ イ・ミンホは「台湾版、日本版、韓国版それぞれF4の魅力があると思うので、そ こに注 目してほしい。

F4F4それから、さまざまな人間関係やエピソードも楽しんでもらいたい。」 キム・ヒョンジュンは「韓国版はファンタジーよりもう少しドラマ色が強いので はない かと思います。

沢山の感動と切ないラブストーリーを楽しんでほしい。」 ク・へソンは「韓国的なストーリー展開と感情表現を楽しんでもらいたい。

キム・ボムは「一番新しく製作されたのでより洗練された部分を楽しんで もらい たい。」 キム・ジュンは「日本の皆さんはストーリーをご存知でしょうが、名場面を韓国 版はど のように表現したのかに注目してほしい。」と  それぞれのドラマに対しての思いを語った。

 

なんといっても「花より男子」の見どころは、ストーリーは勿論の事、展開の面 白さと F4それぞれのカリスマ性溢れる個性的なキャラクターだ。 キャラクターの個性を見事に演じている4人の存在がこのドラマの魅力でもある。

 

また、ク・へソンは明るく活発で愛らしい役柄のイメージにぴったりだ。

 

オリジナリティーの強い韓国版がどのように変化したか、またF4の魅力とファッ ション や オリジナルサウンドトラックなど見所満載で、日本でも大ヒットの予感がする。

「花より男子~Boys Over Flowers」日本放送記念イベントが東京・JCB ホー ルにて昼と夜の 2回にわたり、会場には約6000名のファンが参加した。

 

F4開催前から会場には早くからファンが長い列をつくって熱気あふれていた。 F4の(イ・ミンホ、キム・ヒョンジュン、キム・ボム、キム・ジュン)とク・へ ソンが 登場すると 会場は大歓声の渦に包まれた。出演者の挨拶のあとF4が退場し、ク・へソンがステージ中央へ。 スタイル抜群の全身が写しだされると、会場から「オー!」という歓声があがっ た。

 

クム・ジャンディを演じるうえで気をつけたことは? 「できるだけ漫画のように、コミカルに演じた。それからご飯を食べるときも一 生懸命 に食べ、 いじめられる時はおもっきりいじめられました。」 「撮影後7キロ太ってしまった。」と告白。会場からは7キロも太ったとは思えな いスタ イルに 「えっー!」という驚きの歓声があがった。

 

続いてT-MAXの登場、メンバーのひとりがキム・ジュン(ソン・ウビン役) 挿入曲「Paradise」、SMAPのカバー曲「Lion Heart」、「Bat for the Heart」 を熱唱 。 「今までは3人とも同じ位の声援だったが、今はジュンが一番声援が多い。打倒ジ ュン で頑張ります」 など、思わず苦笑していまうような軽快なトークと歌で会場を大いに楽しませて くれた 。 5月10日、日本でのコンサートも楽しみだ。

 

キム・ボムが「いま、会いに行きます」を披露。甘い歌声にうっとりと聞きいっ た。 「ソ・イジョンはプレイボーイですが、ぼくは彼女はいません。皆さんが彼女で す」と ファンサービス も忘れなかった。 キム・ボムからは「花より男子」オリジナルサウンドトラックのCDとリハーサル の時に 着ていた Tシャツのプレゼント。

 

キム・ヒョンジュン、「ドラマの中で普段使わない言葉を使うので恥ずかしくて 、家族 と一緒に見れず 独りで見ました」と告白。 ソロでギターの演奏を披露。ドラマ後半に演奏するシーンがありこちらも楽しみ だ。 「SORRY」ソロで歌唱。 SS501の活動は「アジアツアーをします。

 

8月に武道館でコンサートをしますので 楽しみ にしていてください」 また、原作のイメージと一番似てると言われて、恥ずかしそうにしていた表情に 思わず 、ユン・ジフを 重ねてしまった。

 

F4会場にカールオルフ作曲の「カルミナブラーナ」が鳴り響く・・・何かがおこる 予感? ! 大韓民国を代表する大財閥、神話グループの後継者にしてF4のリーダー、ク・ジ ュンピ ョ登場!

 

会場の後ろからの登場に大歓声! イ・ミンホ自身の成長過程をスライドで紹介。 一歳の時の写真が写し出されると「可愛い~!」の声があがった。 「この時小指を立てているが今も小指を立てる癖は残っています。」と告白。 SBSドラマ「走れサバ」やCMなども上映された。

 

「皆さんとお会いするたびに新しい魅力でお会いできるように頑張ります」と挨拶した。F4、ク・へソンが登場し、トークと指差しゲームで楽しんだ。 撮影時の様子やエピソードなどが披露され、プライベートでも親しくしていると語った 。

 

皆スポーツが大好きで、ゲームの撮影シーン時に熱中し過ぎてあまり撮影が進まなかった事や、本人と役柄のギャップがおおきいのは誰かという質問に、全員キム・ヒョンジュンを示し、キム・ボムが「自分は一番年下で、よく自分から電話するが皆出てくれない」と話すと、キム・ジュンが「ボムは夜も元気で自分が寝ている深夜に電話がかかってくるから」と答え、他のメンバーもうなずく様子に親しさが伝わってきた。

 

SS501の登場です。「U R Man」「僕の頭が悪くて」「DE JA VU」を披露し、会場は最高潮のままイベントはフィナーレを迎えた。

 

韓国版「花より男子~Boys Over Flowers」は韓国100%エンターテイメントチャンネル Metにて絶賛放送中。

初回放送:毎週(日)午後7:30~8:45 再放送 :毎週(火)午前9:15~10:30 毎週(土) 午前7:00~8:15 第1話から第7話までのキャッチアップ放送は5/21~5/29までの午前6:45~8:00(土、日除く)

韓国100%エンターテイメントチャンネルMnet http://www.mnetjapan.com/

日本公式サイト URL http://www.hanadan-k.com/

2009.04.22

blank