イ・テゴン 1st日本ファンミーティング開催!

 

イ・テゴン4月12日(木)渋谷DUO MUSIC EXCHANGE において 主催:KNTV株式会社「イ・テゴン1st日本ファンミーティング Spring Greetings 2 009」 が、開催された。

 

人気ドラマ「神様お願い」(2005年SBS、原題:天よ)に主役のワンモ役に抜擢 され 、 婿にしたい俳優NO.1に選ばれるなど、ソフトなイメージと男性らしさで、 「ヨンゲソムン」(2006年SBS)、「冬鳥」(2007年MBC)と次々と話題作に出演!

当初、KNTV加入者のための特別限定イベントとして夜1回公演予定だったが、 申込み者が殺到し、急遽、昼公演を追加するという人気ぶりをみせた。

ファンミーティング開催に先だち、記者会見がおこなわれた。 日本でのファンミーテング開催にあたり、 「韓国より先に日本ではじめてのファンミーティングをおこなうことになり 韓国のファンの方には申し訳ないと思っていますが、個人的には大変嬉しく光栄 に思い ます。」 と語った。

「神様お願い」は、イ・テゴンさんの俳優人生にとってどんな意味をもったかと いう質 問には、 「まず、私がこの作品の主役に抜擢されたとき、韓国で大きな話題になりました 。

その時まで私は俳優としては活動しておらず、モデルの仕事をしておりました。

この作品の脚本家の先生が私が出演しているコマーシャルを見て、この作品の主 人公は 、まず いい声をしている、そしてニュースキャスターの役ができる俳優を捜していたと ・・・ その中で俳優としての部分は該当しなくても、なかなかいいということで私をキ ャステ ィング してくださいました。

私はその当時、本当に無名に近いモデルでしたので大きな 反響が ありました。 それと同時に私の後輩にあたるモデルが自分達もこうして俳優になれるチャンス がある んだと いうことで彼らにも影響を与えたと思います。 また、経験を通じて俳優という仕事は努力が必要な大変な仕事だと分かりました 。」と 答えた。

ドラマ「神様お願い」での撮影エピソードは、 「ドラマの中でダンスを踊るシーンがありました。その時にちょっと笑わせると いうと いうことで、 私が、ミニスカートを履いて踊るというシーンがありました。 私はもともとこの体格ですし、男ですからなかなかサイズが無かったので。

スタ ッフの 中で 一番ぽっちゃりした体格の女性のスカートを借りて撮影したということがありま した。 スカートを履くのも初めてだし、それもミニスカートだったので足をぴったりく っつけ て下着が 見えないように撮影したのを覚えています。」と少し照れながら話した。

「私はまだ結婚しておりませんが、自分の愛する人が病気になったり、辛い思い をして いるときの気持ちは どんなものか思い巡らせたり話したりしました。また、こういう時の心情はどん なもの かと考えて 眠れなくなりました。 脚本にはなかったのですが撮影に入って、感情がこみ上げてきて自然と涙が出て きたシ ーンもありました。」 と、撮影中を思い返して話す場面もあった。

B型男性について聞かれると、 「韓国でもB型男性に対する偏見が多少あり、私自身ちょっと不本意に思ってい るので すが、 血液型を聞かれると、良いB型ですと答えます。」と、お茶目な面も。 実際のイ・テゴンさんは彼女にとってどんな男性ですか 「ワンモを例にとると、彼の持っている性格の半分くらいは持っていると思いま す。

姉が二人いますので昔から女性に対してのマナーなどは知らず知らず教えられて きたと 思います。 ですから、相手に対する気配りはできるほうじゃないかと思っています。」 また、「喧嘩をしても一時間くらい話をすればすぐに仲直りができる性格です。 」  ますますお婿さんにしたい№1! 「次にまたこのような場でお会いできるなら今より更に成長した姿、俳優として 成熟し た姿を見せられる ようにしたいと思っております。」と抱負を語り会見を終えた。

ファンミーティング

白いスーツに黒のTシャツ、黒のサングラス姿で登場! 会場は大歓声! 「僕のためにこちらに集まってくださったファンの皆さん! 本当に有難うございます。心より感謝致します。 神様お願いのワンモ役を応援してくださり、ついに日本でファンミーティングが できる ようになりました。

イ・テゴン

これからもファンの皆さんの期待に応えられるように頑張りますのでご声援お願 いしま す。 今日一日、僕と楽しい時間を過ごしていただき良い思いでを沢山つくって下さい 。

どう ぞよろしく お願いします。皆さん、愛してます!」と堂々とカンペを見ながらの日本語での 挨拶に 会場からは大歓声と拍手の嵐! イテゴンフォトメモリーのコーナー 幼少の時の写真が写しだされ・・・生まれたときは4.8キロもあり病院では大騒ぎ だっ たそうで、 小さいときはお腹がスイカのように丸々としていたなど可愛らしい姿を披露 幼稚園時代は元気でわんぱくすぎて、幼稚園を変わらなくていけなくなったと告 白。

小学生時代は、生徒会長もしていて成績も良く、女の子にももてたとの発言に会 場はう なずく場面も 趣味・・・野球・ゴルフ・釣り・射撃 とスポーツ万能のイ・テゴン氏 また、アウトドアも大好きで再来週はキャンプに行くと話した。

日本でしたいことは、「大間のマグロを釣りに行きたい」と話し・・会場からは 驚きの 声があがった。 今までずっと好きで歌っている2曲を披露。 一曲目、「飛翔(ビサン)」 イム・ジェボム 「この曲は、今まで辛い事があったり、体の具合が悪い時、大変だったりした時 に何時 も歌っていた曲で、 俳優として生きてきた時々に思った事がこの歌詞の中に表れていています。」と 語り、 歌い終わった後には、「涙がこみ上げてきました」と告白し、今までの思いが感 じられ た。 二曲目、「いとしのエリー」熱唱! ゲームコーナー、私物をプレゼントと続き会場は大いに盛り上がった。

イ・テゴン氏が最後にファンへの感謝の挨拶があった。 挨拶を始めたとたんに、涙がこみ上げてきて声がつまり言葉にならないイ・テゴ ン氏の 姿に ファンも涙ぐ場面も・・・会場からは「ファイティーン!」の声援が沸き起こり アット ホームで素敵な ファンミーティング
は終了した。 6月18日(木)KNTVにて「イ・テゴン 1stファンミーティング」特番放送決定

 

2009.04.22

blank