いつのまにか俳優ジュノ(2PM)になじんで

20160319-ジュノ

人気グループ2PMのメンバーであり着実に演技活動をしているジュノ(実名イ・ジュノ)がドラマ「記憶」で血気旺盛な弁護士として登場した。

安定した演技でドラマによく溶け込み、今後彼が見せるイ・ソンミンの補佐役であり有能な弁護士としての成長に期待が膨らむ。

ジュノは今月18日に初放送されたtvN金土ドラマ「記憶」でパク・テソク(イ・ソンミン)と共に仕事をすることになった新入弁護士チョン・ジン役で出演した。

チョン・ジンは正義感のある弁護士だ。テソクが不当な脅迫をして勝訴を上げるのを見て退社しようとするが、貧しい家庭環境のため再び仕事をすることになる人物として描かれる。

真実よりも勝訴を選ぶテソクに対する嫌悪は、初回から今後チョン・ジンとテソクの関係の変化に対する期待を抱かせる。

チョン・ジンは今後アルツハイマーにかかったテソクを知らず知らずに助ける補佐役になる。

さらにチョン・ジンがテソクを助けて弁護士として成長する話が繰り広げられるものと見られる。このドラマはテソクの奮闘期が非常に大きな感動を抱かせると予想されるが、チョン・ジンは感動の度合いを高める役割をすると期待される。

ドラマになくてはならない役割を受け持ったジュノは、安定した演技を見せ、完ぺきに変身した。

テソクが初めから卑劣に勝訴を積み重ねた弁護士ではなかったはず。成功のために前だけを見て走ってきたテソク、そして自身を振り返る重要な時期に出会ったチョン・ジンとの悔恨が含まれた話が「記憶」の面白味を高めるものと見られる。

何よりもジュノはステージの上の活気あふれる2PMのメンバーとしての姿をしばらく下ろし、再び演技変身に成功した。

映画「監視者たち」でタラムジ役で強烈な印象を残した彼は「二十」、「メモリーズ 追憶 の剣」等に相次いで出演し、演技力を積み重ねた。ドラマは今回が事実上初めてだ。

キャラクターの表現も、ぎこちなさがなくて劇中に無難に溶け込む演技をするジュノは、「記憶」でも演技の上手なイ・ソンミンやキム・ジスに傾いた視線をある程度自身に向けるのに成功した。

まだ比重は多くないが、今後主人公のテソクと描いていく話のなかでジュノがどのように視聴者たちを説得させる演技を見せるのか期待が高まっている。

 

2016.03.19

blank