B1A4ジニョン、「プロデュース101」で発揮されたジントベン(ジニョン+ベートーベン)の真価

20160319-B1A4

人気アイドルグループB1A4のジニョンの真価が発揮された。いい音楽はもちろん、後輩を思いやる心まであって、結局優勝を勝ち取った。

ジニョンと彼の真心に感動した練習生が作り出した成果だ。

ジニョンはケーブルチャネルNnetのサバイバルプログラム「プロデュース101」にガールズグループでデビューすることを夢見る少女たちのアイドルの先輩ではなく作曲家、プロデューサーとして参加した。

コンセプト評価を控えて、練習生に新曲を与え、プロデューサーとして鋭く専門的な姿を見せるかと思えば、アイドルの先輩として後輩を思いやる配慮も忘れなかった。

今月18日の放送で行われたコンセプト評価ではジニョンの曲「同じところで」のステージに上がったチームが優勝してベネフィット15万票を得ることになった。

優勝も優勝だがジニョンはプロデューサーとして、また注目された。 ガーリッシュダンス曲である「同じところで」は、恋人との別れを主題とし、同じ夢を追って出会い、別れることで成長する「プロデュース101」の練習生の状況を比喩した曲だ。

ジニョンだからこそ生まれた曲だった。少女らしくて清純なコンセプトが反映されたこの曲は、チーム結成前から多くの練習生のラブコールを受けたが、その理由は音楽も良く、さらに彼女らが処した現在の状況を語った感性のためだ。

ジニョンが「プロデュース101」を見て作った曲なので、一層練習生の心を動かし、ステージでも反映されたと見られる。共に泣いて笑って、感動が心に迫るステージだという感想が続いた。

ジニョンは「プロデュース101」を通じて、更に成長した。彼はすでにB1A4のアルバムのプロデューシングを受け持っていることで良く知られているが、B1A4以外のチームに曲を与えたのは今回が初めてだ。特にガールズグループの音楽に挑戦して作曲家、プロデューサーとして更に能力を発揮し、その地位を固めた。デビューアルバムから自作曲を収録する程の実力がもう1度実証された。この曲は19日に発売された「プロデュース101」のコンセプト評価の音源のうちでも主な7つの音源サイトのTOP10に入るなど最も高い順位を記録して人気を呼んでいる。

また、歌と共に脚光を浴びたのはジニョンのマナーだった。ジニョンは自身の曲を選択した練習生との初めての出会いで先輩としてのマナーも良かった。自分もやはり同じ目標を持っていたので経験からにじみでる応援と慰労をすることができ、練習生の健康状態やのどの管理まで気を遣って配慮した。そうかと思えば曲の録音の時には再び鋭いプロデューサーに戻って完ぺきに行われるまで「もう一度」を何度も叫んで完成度を高めた。

ジニョンは「プロデュース101」だけでなくカムバックを控えているガールズグループOH MY GIRLにも新曲をプレゼントした。B1A4のメンバーとして、そして作曲家、プロデューサーとしてさらに活発に活動を続ける。そして彼のどんどん成長していく歩みが予想される。

2016.03.19

blank