“デビュー10年目”ソルビが選んだ“アートテイナー”の道…音楽と美術のセルフコラボ

“デビュー10年目”ソルビが選んだ“アートテイナー”の道…音楽と美術のセルフコラボ

韓国歌手ソルビ(31)がアートテイナーとしての歩みを見せる。新曲と美術を合わせてセルフコラボレーション作品を披露したのだ。彼女はアートテイナーとして、今後も作品作りに励んでいくという覚悟だ。その理由は歌手であり画家であるから。

歌手ソルビは11日午後、ソウル・安国薬品ギャラリーAGにて開催したニューシングル「Black Swan」のショーケースで、シングルと共に見せたパフォーマンスについて「コラボレーションが流行している。だから、私もしてみた。美術と音楽の融合だから、見慣れない部分もあるだろう。その主人公が私であるため、一層ぎこちなく見えるかもしれない。だからこそ試みようと思ったし、勇気を出したかった」と明かした。

続けてソルビは、歌手ソルビ、美術製作をするソルビ、普通の女性ソルビとして自身を区分した。まったく別の姿を持っており、紛らわしいとさえ感じたと説明する。ソルビは「クォン・ジアン(本名)とソルビは本当に違う。そのクォン・ジアンとソルビだけでなく、別人が私の中にたくさんいる。多重人格とでも言えばいいのか…精神疾患なのか…私自身、なぜこうなの?と悩んだこともあった」と打ち明けた。結論はこうして自我が分離する現象を当然のことのように受け入れているということだ。

ソルビは自身の独特な歩みがK-POP界の多様性に貢献できると話し、「いまも多くのアイドルグループが音楽活動をしているが、多様性について私が強い意志を持って示さなければならないようだ。1位になる自信はなく、1位にはなれない。ただ作品を発表したい。私自身が好きな音楽であり、私自身が歌手だから。その音楽を聴いて感動してくれる人がいるならば、それだけで存在しているのだ」と説明した。

また、10年目の歌手として生きていくことについて「10年間、私は何を作り出したのか、何をしたのか、悩む部分も多いが、10年という時間で何をしたかが重要ではなく、10年後の自分の姿が重要だと考える。勇気を出して挑戦したい。応援・祝福してくれたらうれしい」と語った。続けて、「結果物を見せなければならない人間であるが、私にとって意味深いことは、デビュー当時の幼稚で雑な自分自身は恥ずかしいが、そこからの成長を見てもらえたことに、感謝し幸せだ。今後の成長も一緒に見守ってほしい」と付け加えた。

この日、ソルビは記者会見を前に、ギャラリーに設置された鏡に絵を描くパフォーマンスを披露した。この鏡の中のたくさんのソルビの姿は内面の自我を視覚的に表現したものだ。ソルビは新曲「Black Swan」に合わせて、体を動かした。

「Black Swan」は歌手、タレント、画家、作家、そして普通の女性として多重的に自我を生きるソルビ自身の正直なストーリーを溶け込ませた楽曲だ。「Peterpan Complex」のドラムス、キム・ギョンイン(32)とソルビが結成した「VIVIS」が作詞・作曲・プロデュースを担った。

WOW!korea提供

2016.03.11

blank