チャン・グンソクの風雲児、眼差しひとつで視線を釘付け!「テバク」

201603080731773074_56de0231a33dd

俳優兼歌手チャン・グンソク主演の「テバク」が、ついにベールを脱いだ。
SBSの新月火ドラマ「テバク」は、王の忘れ去られた息子デギル(チャン・グンソク)と彼の弟である延礽君(ヨニングン:後の英祖:ヨ・ジング)が、命と王座、愛をかけた一大対決を描くドラマだ。朝鮮時代を背景に独特な素材、歴史的背景と作家の想像力が巧みに描かれたファクション時代劇で、名優の出演などで好奇心を刺激して2016年上半期の期待作として浮上した。

「テバク」が、予備視聴者の関心を集める大きな理由のひとつがまさに、2年ぶりにテレビ劇場に復帰する俳優チャン・グンソクだ。チャン・グンソクは、様々な作品を通して演技力はもちろん、スター性まで検証を受けた韓流スターだ。特に今まで出演した時代劇が大きな成功をなしたため、今回のチャン・グンソクの「テバク」への出演に対する大衆の期待が熱い。
こんな中、8日に「テバク」のチャン・グンソクのイメージが初めて公開された。公開されたティーザーポスターのチャン・グンソクは、険しくて深い眼差しでカメラを見つめている。開放的で自由奔放な身なりと、ひたいの半分を隠した笠、笠の下から見える乱れた頭などが王から忘れさられた息子として育ったデギルのキャラクターを完璧に見せている。

ここに「哀愁を抱いた朝鮮最高の賭博師デギル」というキャプションは、デギルという人物の強さを強調して視聴者の期待をいっそう大きくしている。
何といっても、2年ぶりにテレビ劇場に復帰した俳優チャン・グンソクのパワーだ。チャン・グンソクは何の設定もなしに、眼差しと表情だけでも風雲児「デギル」の特徴を明らかに描き出した。そして、彼の得意とする画面の掌握力で見る人の視線を圧倒した。このように卓越した表現力を持つ俳優チャン・グンソクが描き出す朝鮮最高の賭博師「デギル」はどんな人物なのだろうか、「テバク」に対する期待がさらに高まるところだ。
「テバク」は、「六竜が飛ぶ」の後続で28日に初放送される。

2016.03.08

blank