俳優ソ・ガンジュン、彼以外のペク・インホは想像できない!「チーズ・イン・ザ・トラップ」

article

「チーズ・イン・ザ・トラップ」に、ペク・インホで出演中のソ・ガンジュンの行動ひとつひとつに女心も影のようについて行く。
1日に放送されたtvNの月火ドラマ「チーズ・イン・ザ・トラップ」の第9話の放送で、ペク・インホ(ソ・ガンジュン)がユジョン(パク・ヘジン)に傷ついたホンソル(キム・ゴウン)を再び慰める様子が描かれた。
ホンソルとユジョンの様子がずっと気になったペク・インホが、明け方ホンソルを訪ねて心をほぐしてあげるためにジョークを言ったり、飲み物を買ってきたりした。そして、ホンソルをいじめるオ・ヨンゴン(チ・ユンホ)を追い出してホンソルのボディーガードを引き受けたりして迫力ある様子を見せた。影のようにホンソルのかげでいつも黙々と助ける様子が切なく女心を刺激する核心的なポイントとなる。

意外な魅力もある。ペク・インホは、荒っぽいものの言い方をしても姉のペク・イナ(イ・ソンギョン)を切なく見つめて布団をかぶせるなど、かげで心の奥深くで姉を思う温かい本音と思いやりのある様々な行動で、むかしのままの「ツンデレ」の魅力をアピールした。
このようにソ・ガンジュンは、いつも冷たく吐き出すような言葉とは裏腹に、実は世の中のどんな男より温かい思いやりを持った魅力で女心を思いのままに翻弄している。同時にペク・インホのキャラクターの感情ラインを深く没頭した説得力のある演技で描き出して、胸が温かくなるような感動を伝えている。

放送初盤からソ・ガンジュンは、完璧にペク・インホのキャラクターと同化した自然な演技力で話題を集め、回を繰り返すほどに加わるキャラクターの魅力と女心を刺激するようなディテールな感情演技で劇の中心的な役目を十分にやりこなし、今後展開される活躍にいっそう期待がかけられている。

2016.02.02

blank