2PMジュノ、ドラマ『記憶』への出演を検討中

ジュノ
人気グループ2PMのジュノが、ドラマ「記憶」の出演を前向きに検討中だ。

本日(19日)、ジュノの所属事務所であるJYPエンターテイメントの関係者は、OSENとの取材で「現在、ドラマ『記憶』への出演を前向きに検討中だ」と明らかにした。

「記憶」は、アルツハイマーの宣告を受けた法律事務所の弁護士パク・テソクが残りの人生をかけて繰り広げる最後の弁論を描いたドラマ。記憶を失っていきながらも最後まで守りたい人生の大切な価値や家族愛が描かれる。

ジュノは、ドラマの中で記憶を失っていくパク・テソクを助ける法律事務所の職員ジョンジン役のオファーを受けた。

「記憶」は、ドラマ「魔王」や「復活」などの大作を演出したパク・チャンホン監督と第26回韓国放送作家賞を受賞したキム・ジウ作家のコンビの次期作として期待を集めている。2016年1月から放送予定の「シグナル」の後続ドラマとして3月から放送される予定だ。ジュノの出演が決定すれば、イ・ソンミン、ソン・ソンミなどと共演することになる。

2015.11.19

blank