防弾少年団、名実共に愉快なアイドル!

사본 -201511110000779222_564207f3e36e301

人気アイドルグループ防弾少年団が、Vアプリで時代を搖るがしたボーイズグループのダンスをセンスいっぱいに真似た。防弾少年団は、90年代を強打したH.O.Tの「戦死の後裔」からRAIN(ピ)の「Rainism」、BIGBANGの「BANG BANG BANG」、Psyの「チャンピオン」、VIXXの「Error」まで、パフォーマンス別に特徴をしっかりつかんで楽しいダンスを披露した。やはり防弾少年団は興趣にあふれていた。
防弾少年団は、10日の午後NAVER Vアプリで放送された「防弾歌謡-track7」で、「ダンスで見るボーイズグループの歌」をテーマにチーム別に罰ゲームをかけてジェスチャーだけで歌手とタイトルを説明するという対決をした。

防弾少年団ののりは最初からすごかった。思い出せる男性歌手のダンスがあるかと言うRAP MONSTERの質問が終わるやいなや、防弾少年団のメンバーはパク・ナムジョンから始まって、チャン・ウヒョク、パク・ジニョンと、即席で名曲のダンスを公開した。やはり「フンタン少年団」らしいにぎやかなスタートだった。
防弾少年団の本格的な対決は、見る人を思い出に浸らせてくれた。防弾少年団はG-DRAGONの「Heartbreaker」、 RAIN(ピ)の「Rainism」、BIGBANGの「BANG BANG BANG」、2PMの「Heartbeat」のような美しい歌のダンスのポイントもしっかりと抑えた。防弾少年団のメンバーがセンスとダンスと歌を愛したという事実をうかがうことができるシーンだった。

防弾少年団は、不足な面も見せることでいっそう好感度を高めた。この日は、カラーチームと白黒チームに分かれて対決したが、白黒チームのRAP MONSTERがダンス音痴で、重要な山場のたびにじたばたして見る人々をじれったくさせた。結局RAP MONSTERは、状況をジェスチャーで表現するなどして死に物狂いで努力した。どんな状況でも最善をつくす防弾少年団の姿が輝いた。
これに相対するカラーチームのSUGAは、VIXXの「Error」のダンスをまともにできなくて6分を越える時間をむだ使いしながらチームを敗北に導いた。この日罰ゲームでカラーチームのVとジミンがキスをした。罰ゲームまでユニークにこなして楽しく放送を終了した。防弾少年団は一貫して楽しくてうきうきする様子で見る人の気持ちまで愉快にさせた。

防弾少年団が、Vアプリで持続的に放送している「防弾歌謡」シリーズは、対決形式で様々な大衆歌謡を紹介するコーナーだ。「防弾歌謡」は、多様なテーマと持続的な対決形式と罰ゲームで3拍子が揃ってファンに大きな喜びを与えている。いつのまにか7番目の「防弾歌謡」まで続いたので、これからどんな「防弾歌謡」を見せてくれるか、いっそう大きな期待を集めている。

2015.11.11

blank