SUPER JUNIORシウォン、同性結婚関連リツイートに軽率 “傷つけて申し訳ありません”

201509121447778797_55f3bcd00c82d人気グループSUPER JUNIORのシウォンが同性結婚法制化に反対するコメントをリツイートしたことに対して「軽率な行動でした」として「傷つけて申し訳ありません」という立場を明らかにした。

シウォンは12日自身のSNSを通じて長文のコメントを載せて謝った。

彼は「今日私がリツイートしたTwitterで多くの方々を傷つけたことに対して深く謝罪申し上げます」として「同性結婚法制化賛成世論に対して他の声を出す少数の意見があってリツイートをしました」と伝えた。

引き続き「単純に少数意見に対する問題でないということを、多くの方々がTwitterを通じて送ってくださったコメントを読んで遅ればせながら悟らされました。私の軽率なリツイートによって多くの方々を傷つけました」として「今後もより一層疎通してたくさん学びたいと思います」と付け加えた。

先立って去る11日シウォンは同性結婚法制化に反対する内容を含んだジョン・ファイア牧師の文をリツイートした。ベツレヘム神学大学の名誉総長であるジョン・ファイア牧師は当時米国連邦大法院の同性結婚合法化判決に対して「明白な罪である同性愛を承認して制度化した」という内容を上げた。

 

以下シウォンがあげた謝罪文の本文だ。

こんにちは、チェ・シウォンです。

今日私がリツイートしたTwitterのために多くの方々を傷つけたことに対して深くお詫び申し上げます。

同性結婚法制化賛成世論に対して違った意見を持つ少数の意見があってリツイートをしました。

しかしこれは単純に少数の意見に対する問題ではないということを、多くの方々がTwitterを通じて送ってくださったコメントを読んで遅ればせながら悟りました。

私の軽率なリツイートで多くの方々を傷つけ、最も愛するファン、スタッフおよびすべての方を傷つけたという事実に対して謝罪申し上げます。今後もより一層疎通してたくさん学びたいと思います。

もう一度、私のリツイートで傷ついたすべての方にお詫び申し上げます。

2015.09.12

blank