「BTOB」ソンジェ、生放送中のハプニングへの対処に賞賛の嵐

「BTOB」ソンジェ、生放送中のハプニングへの対処に賞賛の嵐

生で放送されているMBCの音楽番組「覆面歌王」でハプニングがあったが、ソンジェ(BTOB)の機転の利いた対処に賞賛が続いている。

ソンジェと共に出演した歌手チャン・ヘジンのマネジャーは12日午前、Instagramに「ソンジェは本当にすごくよくやったと思う。彼はイケメンで、礼儀正しい。ソンジェのせいではないのに、わざわざあいさつにまで来てくれた。『BTOB』ユク・ソンジェ、今日から私はあなたのファンだ」という文章を掲載した。

11日午後9時からMBC上岩(サンアム)文化広場で「DMCフェスティバル」の一環として「覆面歌王」の生放送が行われた。ソンジェは“LP少年”というニックネームで仮面をかぶって登場し、人気デュオ「Fly To The Sky」のヒット曲「胸が痛くても」を歌って、第2ラウンド進出を果たした。

ソロ曲で歌手キム・ドンリュルの「Replay」を選択したソンジェは、ニックネーム“鏡姫”と接戦を繰り広げた。MCのキム・ソンジュから発表された勝者は“鏡姫”だったため、“LP少年”ソンジェは仮面を外してあいさつをし、そのまま退場した。

しかし集計にミスがあったという理由で訂正された。本来の脱落者である“鏡姫”が仮面を外すと、それはチャン・ヘジンだった。勝者となったソンジェは、再び仮面をつけてステージに上がり、準備していた歌を披露した。

しかし歌い終わった後、ソンジェは「本当に申し訳ないが、この番組の特性上、顔が公開された状況では公正な投票ではなくなると思う。申し訳ないが、多くの方に聞いていたいだだけで光栄だ。第2ラウンドで棄権する」と丁寧に辞退を申し出た。

生放送中のハプニングに対するソンジェの行動は、視聴者を感動させた。ネットユーザーは「あの状況では、あれが賢明な判断な気がする」、「ソンジェは意外にしっかりしてるね」、「ソンジェ、かっこいい」などといった賞賛のコメントが後を絶たない。

WOW!korea提供

2015.09.12

blank