歌手兼俳優キム・ヒョンジュン(リダ)、軍人として国防の義務を果たすようにそっとして置きなさい!

201509091633774150_55efe218a81aa

5月、ひとりの男が国の命令を受けて髪を切って入隊した。軍隊は社会と独立した別の空間だ。ここで彼は、国防の義務に充実でいようとする。しかし相変らず社会は彼の一挙手一投足を見詰めている。芸能人だという身分、入隊前のよくない私生活が公開されたという理由からだ。
SS501のメンバーと同時に歌手兼俳優キム・ヒョンジュンという状況だ。9日にあるメディアは「キム・ヒョンジュンが今月初に予定された休暇を取り消した。23日に予定された3次弁論準備期日を前に不必要な外出を自制し、自粛の時間を選択したと知られた」と報道した。

これに関してキム・ヒョンジュンの所属社キーイーストの関係者は、「9月初めに休暇が決まっていたがこれを『自粛するため』にキム・ヒョンジュン自らが、返上したのかは本人だけが知っている。私たちとしては連絡がないから9月に休暇の計画がないのだろうと思うだけだ」と明らかにした。
キム・ヒョンジュンの今度の休暇関連の報道が出るのは、彼と元彼女のチェさんの法廷攻防が23日に予定されているからだ。極めて私的な内容で真実について争うふたりに対する好奇心からまた注目されている。

しかし現在、キム・ヒョンジュンは告訴人である以前に軍人だ。自分を取り囲む事件がどのように流れ、また大衆の反応はどうなのか、「軍人」キム・ヒョンジュンにはわからないことだ。こんな彼を「自粛」や「自重」という表現で再び世論の審判台にあげるのはどこか残念だ。
それにキム・ヒョンジュンとチェさんの間の喧嘩は大衆に深い疲労度を与えている。去年から続いた双方の暴露は最初は「ドラマ」級の好奇心を催したが、時間が経つほど度を越して個人的な内容まで公開されて後味の悪さを残した。

ふたりの訴訟とその結果は法廷で決断される。キム・ヒョンジュンやチェさんに過ちがあれば、当然その責任を負えばいいはずだ。それにキム・ヒョンジュンが芸能人でなければ、こんなに大事になるはずのない私的な問題だ。そして現在彼は、芸能人ではなく軍人で、社会ではない軍隊にいる。
芸能界復帰、道徳的な非難などは、彼が除隊してから議論される事だ。ただし今は軍人である彼を、国防の義務に集中できるようにそっとしておいてはいけないのか。

2015.09.09

blank