女優ムン・グニョンとBTOBソンジェが出会った「村」、どうして今から大騒ぎするのか!

201509021627773465_55e6a6e889147

「村」が、女優ムン・グニョンと人気アイドルグループBTOB兼俳優のユク・ソンジェを男女主人公としてキャスティングして、水木ドラマの期待作として浮上した。 まだ放送も始まっていない「村」に対する期待が高い理由はなんだろうか。
SBSの新しい水木ドラマ「村-アチアラの秘密」(以下「村」)は、運命のように村「アチアラ」に来るようになった英語のネーティブスピーカーの教師キム・ソユン(ムン・グニョン)と、3度の失敗のあげくやっと警察官としての夢をつかんだ交番のお巡りさんのパク・ウジェ(ソンジェ)が、平和で単調な村が隠している真実を一緒に暴く内容のドラマだ。

既に子役時代から現在に至るまで、20代の女優の中で断然引き立つ演技の経験を所有したムン・グニョンが、2年ぶりにテレビ劇場の復帰に選択したという点だけでも話題の中心に立った作品だ。ここに、最近KBS「Who are you-学校2015」でアイドルらしくない印象的な演技を披露したソンジェのキャスティングは、新鮮さと興味を同時に高めた。特に、実際は8歳の年の差があるふたりが劇中でどんなコンビを作り上げるかが「村」の興廃をきめる鍵になるとみえる。

小さくて平和な村アチアラの中に隠された醜い真実を明らかにして行く過程をエピソード形式で描いて視聴者に緊張感と興味を与えることと期待される。現在20%を越える視聴率で圧倒的な人気を誇る「ヨンパリ」の後続という点も「村」には良い条件になるだろう。

2015.09.03

blank