「インタビュー」ZE:Aグァンヒ、“G-DRAGON&SOLと連絡を取り続けている”

201509010702779233_55e4cf8c0114b

人気アイドルグループZE:Aグァンヒが、MBCバラエティプログラム「無限に挑戦」の2015 嶺東(ヨンドン)高速道路歌謡祭で大きな愛を受けたことに対して語った。
グァンヒは、最近行なわれたインタビューでBIGBANGのG-DRAGON、SOLと一緒にしたファンテジの「なんてこった」に対して「本当に気分が良かったです。ZE:Aではできなかった音楽のジャンルをしました。良い経験でした。練習をたくさんして私が歌手だということを再度お見せできて、この上ない時間でした」と伝えた。

そして「普段からファンだったジヨンとヨンベと奇蹟のように親しくなりました」と言った。ずっと連絡をするかという質問に「そうです。連絡を中断することができません。近いうちに会う事にしました」とすぐに付け加えて笑わせた。
「無限に挑戦」に合流したあと、歌謡祭を通して本人の存在感をそのごとく見せてくれたグァンヒだ。「無限に挑戦」のメンバーとして少しは肩の荷が下りたのではなかろうか。グァンヒは「まだ負担は相変らずです。まだやったことがないものが多いです。僕はクラシックと配達、歌謡祭をしました。毎日緊張します」と手を振って否定した。

グァンヒは、「無限に挑戦」のレギュラーで合流して以降、「芸能アイドル」という修飾語にふさわしい活躍を見せ、株価を上昇させる中にも、KBS 2TVの「ビタミン」やEBSの「最高の料理の 秘訣」、 KBS W「Beauty Bible 2015」など、本人が「無限に挑戦」以前から出演した各種プログラムを降板しないで持続して参加している。もっと話題になるプログラムに対する欲はないのだろうか。

「義理だと思います。他のプログラム製作サイドからも『無限に挑戦』以降、『お前おもしろかったよ』とおっしゃってくださって感謝しています。『無限に挑戦』をしてエネルギーがもっと強くなって他のプログラムでもっと熱心にするようになりました。でも負担もあります。『無限に挑戦』でお見せすしたほどできなければ、手を抜いていると思われるのではないかと心配にもなります。」

また、グァンヒはスランプに対しても言及したりした。グァンヒは「バラエティの流行はずっと変わります。人気のあるプログラムに出ないと、人気が冷めたのではないかと言われたりします。僕はスランプではなくて、僕自身に難しい期間がありました。明るいイメージなのが、他のメンバーと比較されるのが耐え難かったです」と伝えた。
またグァンヒは、歌手とバラエティ活動に対して「ふたつの分野は違います。仕事をして見れば、得意な分野が何かわかるようです。アイドルで始めましたが、MCとバラエティをする時もっとおもしろいです。MCをしているとき自分がもっと生きているように感じます。また一緒に始めた友達であるメンバーと一緒に活動をすれば力がわきます」と言った。

グァンヒは、ZE:Aのメンバーが「無限に挑戦」の歌謡祭に大きな応援を送ってくれたと感謝の思いを伝えた。「メンバーが歌謡祭を見て喜んでくれた。あんな曲をして見ようという話もあるが、僕ら9人はイメージが違います。彼らとしたから出た雰囲気でしょう。僕らは別のイメージです。」
グァンヒは、15日の「Beauty Bible 2015」の下半期シーズンの最初の放送を控えている。グァンヒは、モデルのカン・スンヒョン、Secretのヒョソンと一緒に進行するこのプログラムの上半期のシーズンで、自身のビューティーノウハウをもとに、センスあるトークでおもしろさを知識の伝達を同時につかんだ進行で好評を博した。

2015.09.01

blank