K、書籍「幸せを数える。」でユンホ(東方神起)も配属“第26師団軍楽隊”時代を語っていた

20150901k1

韓国人アーティスト、K(31)が2013年5月に発売された書籍「幸せを数える。」において、“第26機械化歩兵師団軍楽隊”での兵役時代を赤裸々に語っている。第26師団軍楽隊は去る8月31日、ユンホ(東方神起)の配属が伝えられた部隊でもあり、その“中身”が再注目されているのだ。

まず、陸軍26師団とは、韓国6軍団配下の予備師団で、最前線よりもやや後方に位置した機械化歩兵師団のこと。GOPやGPのような最前線には配置されないが、戦時状況のため毎月強度の高い訓練を受けることでも有名な部隊だ。そして、軍楽隊とは、軍隊に属する音楽隊のことで、部隊は違えども多数の芸能人が配属され任務を遂行している。主に、演奏会や各種軍隊関連行事に参加するなどの役割を持つ。

Kは「幸せを数える。」の中で、「641日の兵役でつかんだ、毎日が輝く77のヒント」として、過酷な日々を通して見つけた“幸せ”を語っている。
K、書籍「幸せを数える。」でユンホ(東方神起)も配属“第26師団軍楽隊”時代を語っていた
拡大写真
K、書籍「幸せを数える。」(オフィシャル)

一方、Kは去る8月5日に10周年記念アルバム「Ear Food(イヤーフード)」を発表したばかり。同アルバムは人気曲のセルフカバーを含む全生音アレンジアルバムとなっている。また、10周年ということしは、各地のファンへ感謝の気持ちを込めて、7月から日本全国47都道府県をまわる「10th anniversary K~thanK you! ~」を開催中だ。

書籍「幸せを数える。」に関してはこちら。
http://www.gentosha.co.jp/book/b6567.html

WoW!Korea提供

2015.09.01

blank