俳優イ・ジュンギvsイ・スヒョク、血まみれの戦いは始まった!

201508280634775083_55df82faa1489

「夜を歩く士」のイ・ジュンギとイ・スヒョクが全面で向かい合った。イ・ユビを間に置いてふたりの吸血鬼の対決は血なまぐささを予告して緊張感を高めた。
27日の午後から放送されたMBCの水木ドラマ「夜を歩く士」では、自分が鬼(イ・スヒョク)を殺す最後の秘策だという事実そ知ったヤンソン(イ・ユビ)とヤンソンを救うために鬼の居場所を訪ねたソンヨル(イ・ジュンギ)の姿が描かれた。

この日ソンヨルは、鬼がヤンソンの親母の血を吸っても死ななかったという事実を知って、ヤンソンが鬼を倒すための最後の秘策がではないと分かってヤンソンを止めるために探しに来た。ヤンソンを探しながら、軍官に見付かったソンヨルは危機を向かえたが、黒いドポ団の助けで危機を兔れ、見知らぬ男が「あなたにお目にかかりたいと言う方がいます」と言う言葉に彼について行った。ソンヨルが向き会ったのは黒いドポ団のボスで、そのボスはユン(チャンミン)だという事実が現われた。ユンは鬼を倒すこととヤンソンへの愛情とどちらもあきらめることができない言うソンヨルに、その志を果たすために自分と一緒に争うかと提案した。これにソンヨルは、ユンにこの戦いが本当に民を慈しんでのものか尋ね、ユンはもちろんだと答えた。そしてソンヨルの「このために王の座までも捨てることができますか」という問いにユンは「命までも差し出す準備ができている」と断固たる意志を仄めかし、意思が通じたふたりはまた手を握るようになった。

ソンヨルは、ユンの助けで黒いドポを取り戻し、黒いドポ(男子が上着の上に羽織る袖が広くて長い 礼服)とともにヤンソンがいるという華陽閣に向かった。華陽閣を探したが、ヤンソンの姿は見えなかった。自分の身をささげて鬼を倒そうと決心したヤンソンは鬼のところに向かった。ヤンソンと向い合った鬼は彼が淫乱書生の娘だという事実に気付き、「とても良い血の香りだ。私がお前に会えばソンヨルが怒って暴れ狂うだろう」と言った。続いて鬼は過去自分の子を妊娠した女を殺した事実を告白した。鬼は「私の子孫が私を殺すこともできるという話をきいて殺してしまった。しかし備忘録に書いてあったなら、その子供が生き残って子孫を残したのではないか」と疑心を打ち明けた。

そして鬼はヤンソンの香りを堪えることができないとヤンソンに近付いた。しかし鬼はすぐにヤンソンの肩に残っている吸血鬼に噛まれた傷跡に気付き、「まさか吸血鬼の血を持っているのではないのか」と怒った。自分を殺すこともできる母系の子孫であるヤンソンの正体に気付いた鬼は、ヤンソンの首を締めて脅迫し、ヤンソンが危険に落ちいろうとした瞬間、ソンヨルは鬼の前に姿を現わした。鬼の前に姿も現わさず、常に自分の存在を隠してきたソンヨルと、王の上に君臨して国を握ってきた吸血鬼。ふたりの吸血鬼の避けがたい全面対決が始まった。

ヤンソンが自分の命をおびやかす存在だと分かった鬼と、ヤンソンを救おうとするソンヨルはどのように鬼との対決に勝利することができるのか、緊張感があふれるふたりの血戦が期待される。
「夜を歩く士」は、人間の本性を失わないバンパイア士ソンヨルが、絶対悪に立ち向かう秘策がかかれたチョンヒョン世子備忘録を探しながら出会った男装の書籍商人ヤンソンと展開する命がけのラブストーリーだ。毎週水、木曜日の午後10時放送。

2015.08.31

blank