「2015JYJのMembership Week」、韓国内外から2万人が訪れる中で盛況のうちに終了!

201508311031771163_55e3aea03bf73

「超大型ファンサービス」である人気グループJYJの「Membership Week」が幕を閉じた。
C‐jeSエンターテイメントは、31日に報道資料を通して「17日から30日までの2週間の間、ソウル美術館で進行された「2015JYJのMembership Week』が盛況のうちに終了した。総勢2万人余りの韓国内外のファンが美術館を訪ねて写真展を観覧し、メンバーとともに特別なファンミーティングを通して貴重な思い出を作った」と伝えた。

ソウル美術館で開催された今度の博覧会は、「時間は … そうみたいです」というテーマのもとで1000枚余りの写真が展示された写真展で構成された。過去4年間のメンバーの公演の様子が収められた映像や、直接作った作品、ステージ衣装、ミュージックビデオのセットなど様々な良質のコンテンツでファンを魅了した「Membership Week」が、今年は6年の歳月を収めたJYJの写真に触れることができる空間で構成され、韓国内外のファンの熱い反応を得た。

写真展だけではなく、25日に日韓のファンとともに過ごした「Membership Week」のファンミーティングを通してゲームはもちろんトークや歌など、より近くでファンと交流しながら6年という時間をともにしたファンとの大切な思い出を振り返る時間となり、よりいっそうの感動を加えた。
特に今年の「Membership Week」は、写真展で展示された写真を慈善オークションにかけてその収益金で文化芸術人を後援する場を準備し、ファンとアーティストが一緒に楽しむ空間、ひいては健全な寄付文化の活性化に先立つという好評まで受けている。

関係者は、「ファンにより近くでいっそう多様な姿を見せようという主旨のもとで毎年進行されている「JYJのMembership Week」が、今年は善行までともにできてその意味を加えた。いつのまにか4回目を迎えて『お返しのファンサービス』の新しい方向性を開き、ファンとJYJが交流することができる場を準備する予定だ」と明らかにした。
今度の「JYJのMembership Week」に参加するために日本からは3000人のファンが韓国を訪ねた。最近メルスと景気の悪化などで海外観光客数が急減したが、今度のファンミーティングを通して3000人余りの日本ファンが韓国を訪ね、様々な経済効果を新たにつくり出して観光業界でもたいへん歓迎したという。

中国から「Membership Week」を訪ねたあるファン(女/22)は、「JYJのヒストリーをひと目で見られる写真展、とても特別でした。中国ではこんなファンサービスを見ることができないので、JYJのファンとして経験する全てがただ感謝です」と伝え、日本ファン(女/25)は「もう4度目の『JYJ Membership Week』、毎年来ました。毎年夏ごとに期待される博覧会が今年は写真展で開催されてもっと意味深かったです。こうして韓国を訪ねて韓国の文化も感じて大好きな時間です」と語った。

2015.08.31

blank