「インタビュー」映画「君に泳げ!」出演のイ・ジョンソク 「水泳選手の役、僕には水泳の才能があるようだ」

映画「君に泳げ! 」出演のイ・ジョンソク 「水泳選手の役、僕には水泳の才能があるようだ」

大ヒットドラマ「シークレット・ガーデン」に出演した俳優イ・ジョンソクが、映画「君に泳げ!」でスクリーンに初挑戦した。オリンピック候補の水泳選手という役柄のため、水泳を猛特訓したという。

そんなイ・ジョンソクの貴重なオフィシャルインタビューが届いた。

−「君に泳げ!」に出演を決めた理由は何でしょうか?
「シークレット・ガーデン」への出演が終わってから、チョ・ヨンソン監督が最初にラブコールを送ってくださいました。僕のことを信じてくださった監督を信頼して出演を決めました。さわやかな青春像を描いた映画に対する期待感もあったので「君の声が聞こえる」と並行してでも撮影に臨みました。

−初めての映画出演だと思いますが、ご覧になった率直な感想は?
撮影後、映画を見た時、カッコよくきれいにスクリーンに映っていて気分が良かったですね。「君の声が聞こえる」と並行して撮影しなければいけなかったので、とにかく忙しくて無我夢中で大変だったことも思い浮かびます。

−イ・ジョンソクさんが演じたウサンの魅力はどこにあると思いますか?
ウサンは自尊心がとても強いキャラクターでした。自分にとても自信があってプライドを持った人物だったのでそれが魅力でしょうか。その部分は私とは違うところなので、演技する時により一層魅力的に感じられました。

−オリンピック候補の水泳選手という設定ですが、作品のために特別にトレーニングしましたか?
映画のために水泳を特別に習いました。水泳を習うのは初めてで、練習初日にクロールをなんとかマスターしたのですが、監督から水泳の才能があるみたいだと言われたのを思い出します。 水泳を習うのは特に大変ではなくて面白くて良い思い出として残っています。 水泳選手の役で水着を着て露出するシーンが多いので、トレーニングと合わせて筋肉をつけるために食事メニューで調節していったのですが、そちらのほうがむしろ大変でした。

−共演したソ・イングクさんの第一印象と実際に撮影をしてみた後の印象はいかがでしたか?
第一印象は愛嬌があって明るい印象だけだったんですけど、実際に会ってみると落ち着いたところもあって、“やっぱり年上の兄貴だな”と思いましたね。見習うべきところが多い、良い人だなと感じました。 俳優としては演技がうまくて、センスのある俳優だと思います。

−ユリさんの第一印象と実際に撮影をしてみた後の印象はいかがでしたか?
ユリさんの第一印象は、とても明るくてきれいでかわいかったですね。そばにいるといつも明るい感じ?!同い年なのですぐに親しくなれたし、話もよく合いました。 おかげで撮影現場はとても和気あいあいで、かなり気持ちよく撮影ができました。

−個人的に気に入っているセリフやシーンがあれば教えてください。
映画の終わりのほうに、ウサンが父親に抱かれて熱い涙を流すシーンがあってとても記憶に残っていて気に入っています。そしてライバルだったウサンとウォニルが心を開くシーンも気に入っています。

−NGが最も多く出たシーンやとても苦労したシーン、それから特に記憶に残っているシーンがあれば教えてください。
泳ぐシーンが多くて、やはり泳ぐシーンはNGが多かったんです。ずっと水泳のシーンばかりが続くので体力的にくたびれてしまうこともありました。でも簡単に撮り直しができるような環境ではなかったので、集中して撮影しようと努力しました。大変なところもあったのですが、それがとても記憶に残っていますね。

−もし自分がジョンウンだったらウサンとウォニルのどちらを選びますか?
実際、ウサンと恋愛するとロマンティックで積極的な部分もあって、ほとんどの女性たちが持っている恋愛のロマンを満たすことができそうですよね。もしウサンから愛される立場だったら、とてもいい気持ちだと思うんですね。でも2人のうちから1人を選ベというなら、僕はウォニルのようなタイプがいいです。ウォニルと恋愛するととても面白いと思うからです。

−タイトなスケジュールの中での撮影ですが、ジョンソクさんだけの特別な健康管理法やストレス解消法はありますか?
食事の時においしいものをいろいろと食べれば、大変なことやストレスの解消になります。 だから一緒に苦労しているスタッフたちとも、色々おいしい料理を選んで和気あいあいと食事をする時間がとても好きです。

−最後に日本のファンのみなさんに、「君に泳げ!」の見どころポイントと簡単なメッセージお願いします。
日常に疲れて、つらいことがある時、気楽に楽しめる映画になっていると思います。さわやかな青春のストーリーを楽しんでください。僕たちの青春がいきいきと描かれた映画です。僕たちと同じ青春真っ只中の方ならば共感し、すでに青春を過ごされた方ならば思い出にひたれる作品だと思います。さわやかな気持ちになれるのではないでしょうか。楽しんでください。ありがとうございます。 愛しています。 またお会いしましょう。

WOW!korea提供

2015.08.19

blank