「ヨンパリ」チュウォンとキム・テヒのスリルあふれる対面 “その金、私があげようか?”

ヨンパリ

「ヨンパリ」で俳優チュ・ウォンと女優キム・テヒがスリルあふれる対面をした。
13日に放送されたSBS水木ドラマ「ヨンパリ」では植物人間の状態で3年間寝たきりになっていたヨジン(キム・テヒ)がいよいよ体を動かせながらテヒョン(チュウォン)に興味深い提案をするところが描かれた。
テヒョンはヨジンが植物人間の状態で3年間制限された区域で幽閉された真実を、ヨジンはテヒョンが妹の手術費のためにヤクザの往診をせざるを得なかった隠された理由を聞いて、お互いの人生に介入する余地ができた。
ハンシングループの相続者との縁で制限区域の出入りを許可され、勢いに乗って上がっていく未来を予感したがテヒョンだったが、グループの経営権を横取りしようとする腹違いの兄であるトジュン(チョ・ヒョンジェ)の極悪非道な悪行にわれ知らず足を漬けていたという事実を知った。それにもかかわらず、テヒョンが手を引くことができないのは、人質のように捕らえられた病気の妹ソヒョン(パク・ヘス)を生かさなければならないという義務感のためだった。病院長はソヒョンの腎臓移植の順番を前に回してテヒョンをより一層しばった。
このような状況の中で起こった韓流スター傷害強姦事件の被害者が行った暴動は、テヒョンとヨジンが疎通できる窓口をつくるきっかけになった。もみ消された事件に怒った被害者は、韓流スターをはじめとしてハンシン病院を吹き飛ばすような騒ぎを起こした。病院最高のVIPであるヨジンを待避させているとき、彼女を人為的に植物人間状態にする薬品の投入が中断され、長い間眠っていたヨジンが目覚めることになった。
植物人間の状態でも生きていた意識により、ヨジンはテヒョンの内部事情を知ることになった。12階での職務変更とそれによってヤクザの往診が中断され借金が雪だるまのように増えてテヒョンを圧迫している状況に、ヨジンが「その金、私があげようか?」という提案をして、二人に繰り広げられるスペクタクルな将来を予感させた。

2015.08.14

blank