FTISLAND、8年目のバンドの貫禄を誇った“猛暑より熱い150分ロックショー”

article (2)

人気バンド FTISLANDが、ソウルでの単独コンサートを盛況のうちに終了した。
FTISLANDは、8~9日の両日間、オリンピック公園オリンピックホールで「2015 FTISLAND LIVE 'We Will' in Seoul」を盛況のうちに開催した。猛暑をくぐって集まったファンはスタンディング席と座席をいっぱい満たし、暑さを忘れて2時間30分の間沸きかえった。

FTISLANDは、「Love Love Love」で2年ぶりの韓国での単独コンサートの幕を上げた。「Memory」、「Be Free」、「Stay」、「I Hope」、「ひどく(Severely)」など23曲のをこなして韓国でのコンサートを指折り数えて待った韓国ファンはもちろん海外からのファンまで大勢呼び集めて観客の期待を完璧に満足させた。
また、FTISLANDはこの日、5thアルバムのタイトル曲「PRAY」をEDMバージョンに編曲して曲の多様性まで兼ね備えて音楽的にいっそう成熟した様子を見せてくれた。すべてのステージを終えた後、ファンはアンコールを再び要請した。

こうしてFTISLANDは、日本でのシングルで韓国では今後音源として公開される「PUPPY」をアンコール曲で公開してファンにサプライズの贈り物をした。そしてファンはアンコールに応えるように、メンバースンヒョンの誕生日をあらかじめ祝う意味で「スンヒョン、お誕生日おめでとう」、「これからもずっと一緒に行きましょう」というコメントが書かれたピケットを持ってメンバーを感動させた。
FTISLANDは、5月23日の台湾を皮切りに日本、中国などでアジアツアーを進行し、約2年ぶりの韓国でのコンサートを待ってくれたファンの声援を受けて次のツアーを続けて行く予定だ。

2015.08.10

blank