「インタビュー」B1A4 バロ、“「本物の男」、とても合ってる。再入隊もOK”

201508090201771793_55c6366802c67

人気アイドルグループB1A4が、MBCのバラエティプログラム「僕らの日曜の夜ー本物の男」について愛情を示した。「プログラムが本当によくてメンバーにも必ずすすめたいです。「本物の男」を通してたくさん学びました」と強調した。
バロは、2日から放送された 「本物の男」の工兵部隊に合流し、スペシャル級の適応力で注目されている。ケーブルチャンネルtvN「花より青春」ラオス編」、SBS「ジャングルの法則」、KBS2TV「ホドンの芸・体・能~めざせ!ご当地スポーツ王」など様々なバレエティで活躍して来たが、「本物の男」もやはり体質に完全に合っていた。バロは、入所の時からすでに他の新兵とは一味違い、ひとりでさっさとロッカーを整理するなど「エース」の予感を見せた。

6thミニアルバム「SWEEt GIRL」の発売を前にして1年ぶりに完全体で音楽放送に出演したB1A4に会って、バロに「軍隊」の話を聞いて見た。ソフトなビジュアルの後ろに隠されていた「強い男」の魅力を精一杯アピールした。
バロは、「本物の男」への出演に対して「何が上手だったというより、よく気がついて行動したようです。それで先任が、『お前のような後任が入って来たらいいのに。一度教えると教えてる途中に全部キャッチするんだ。』と言ってくれて、軍隊がとてもよく合ってました。放送を始める前から行きたかったので、行く前から期待にあふれていました』と所感を述べた。幼いとき、海兵隊のキャンプになどしょっちゅう行って、軍隊に対してあこがれがあったという。

特にバロは、「本物の男」の 話をしながら「たくさん学びました」と強調した。彼は「考えもつかなかった日常生活で見逃していたことなどが、軍隊に行ってみて全部大事なものだという事を悟ります。メンバーもいつも一緒にいると鈍くなるけど、遠く離れると会いたくなります。実際に軍隊に行ってみて、すぐ横にいる戦友が本当に重要だということを感じました。『ぼくがちょっと大変でも4人が楽なのがまだましだ』という気がしました。たくさん学びました」と今度の収録で悟ったいくつかの点を打ち明けた。

201508090201771793_55c636685bdb6

末っ子のゴンチャンを送って見たいと言った。バロが、「本物の男」でさまざまなことを学んだだけに、ゴンチャンにも役に立つ時間になるはずだと説明した。バロは、「送りたいメンバーはいます。みんな行って来ればいいと思いますが、特に末っ子が行って来れば良さそうだと思いました。先任がみんな僕より若かったです。しかし階級があるので上司でした。行って来て兄さんたちに対しての感じ方が変わりましたが、末っ子が行って来ればとても役に立つようです」と言った。特に軍隊での規則的な生活のおかげで体ももっと元気になったようだ。

またバロは、「僕も上に兄さんたちがいるから。こうして、してこなかったことをしなければいけないんだなあとたくさん学ぶことができるようです。本当にたくさん学びました。座って話すより行って感じたりすることがもっとよかったです。『本物の男』も旅行と同じだと思います。旅行に行って学んで感じるのが目的なように、軍隊に行って来て本当にたくさんのことを感じたようです」と言いながら心よりプログラムに対する愛情を表現した。それとともに、もし再入隊の意思があるのかと尋ねると「スケジュールさえ問題なければいいですね」と肯定の意味を仄めかした。

バロの言葉通り、「本物の男」への出演のおかげなのか、彼はもっと勇ましくてかっこよくなった。キュートな末っ子のようでありながらも少年から男に成長する様子がそっくり盛り込まれている。
B1A4は、新曲「Sweet Girl」で活動中だ。ジニョンとシヌゥの自作曲とバロのラップメイキングで盛りだくさんの今度のアルバムは、夢見るような幻想的な雰囲気を強調し、「真夏の夜の夢」というコンセプトで発売前から良い反応を得ている。タイトル曲「Sweet Girl」は、リーダージニョンの自作曲で運命的な相手に一目ぼれして夢を見るように相手を追いかけて愛を告白する甘くて強烈なパンクリズムのセレナーデだ。リアルバンドとオーケストレーションの豊かなサウンドが印象的な曲だ。10日0時に発売された。

2015.08.10

blank