キム・ヒョンジュン(リダ)側「元恋人は犯罪者、携帯メッセージの暴露は名誉毀損」と主張

キム・ヒョンジュン(リダ)側「元恋人は犯罪者、携帯メッセージの暴露は名誉毀損」と主張

韓国俳優兼歌手キム・ヒョンジュン(29)が元恋人A氏が公開したプライベートの携帯メッセージに関して、名誉毀損だと反発した。

キム・ヒョンジュンの法律代理人イ・ジェマン弁護士は5日、報道資料を通して「A氏は恐喝、誣告、訴訟詐欺、名誉毀損罪に値する被疑者です。被疑者はこのような罪によって重大な処罰が予想され、現在、検察による出国禁止処分状態にある犯罪容疑者です」と声を上げた。

続けて「それでも、被疑者は自粛するどころか、報道機関にキム・ヒョンジュン氏とやり取りした極めて私生活的なメッセージを特定の部分だけ編集し、一方的に歪曲報道させています。これによってキム・ヒョンジュン氏はもちろん、関連した人たちの名誉を傷つける犯罪をして社会に不信を招き、社会的な波紋を呼び起こしています」と主張した。

また、「被疑者A氏の無差別的で扇情的であり、極めて私生活の領域であるメッセージ暴露はキム・ヒョンジュン氏と第三者の名誉を傷つけています。それでも捜査手続きや裁判と関係がない部分に対し、持続的に報道をする一部媒体に対しては法的な措置を取ることになるでしょう」と伝えた。

キム・ヒョンジュンとA氏は現在、妊娠、流産、中絶、暴行での真実攻防を繰り広げている。また、A氏はことし4月、キム・ヒョンジュンを相手に16億ウォン(約1億7000万円)を要求する損害賠償請求訴訟を提起した。これにキム・ヒョンジュン側は去る16日、A氏を相手に12億ウォン(約1億3000万円)相当の損害賠償および違約金訴訟を提起した状況だ。

WOW!korea提供

2015.08.05

blank