チョン・ジヒョンら出演「暗殺」、公開11日目で観客動員数600万人突破

image

映画「暗殺」が、観客動員数600万人を突破した。
2日、映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークの集計によると、同作は1日、58万5560人を動員し、ボックスオフィス2位を獲得。累計観客数は600万5494人となった。
これで、先月22日に公開した「暗殺」は公開9日目で500万人、11日目で600万人を突破した。
さらに、同作はさまざまな興行記録を更新している。今年最短期間で400万人、500万人、600万人を突破、そして歴代韓国映画の週末ボックスオフィス2位などの記録を手にした。
同作は、ハリウッド大作「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」に1位の座を明け渡したが、上半期の低調ぶりが顕著だった韓国映画界に大きな力を与えている。
「暗殺」は1933年の上海と京城(現在のソウル)を背景に、親日派暗殺作戦のために集結した独立軍と臨時政府の隊員、そして彼らに迫る殺し屋の異なる選択と予期せぬ運命を描いた作品。ハ・ジョンウ、チョン・ジヒョン、イ・ジョンジェらが出演。

2015.08.02

blank