「TWICE」ナヨン、「6億の借金訴訟」勝訴…裁判所「貸与金認定証拠なし」

韓国ガールズグループ「TWICE」のメンバー、ナヨンが6億ウォン(約6000万円)相当の債務不履行訴訟で勝訴した。

19日、法曹界によると、ソウル東部地裁13民事部は、A氏がナヨンとナヨンの母親を相手にした6億ウォン台の貸与金訴訟をA氏側敗訴と判決した。

A氏はナヨンの母親の元恋人で、昨年1月、ナヨン母娘を相手に訴訟を起こした。判決文によると、A氏は04年から16年までナヨン側に約5億3590万ウォン(約5390万円)を送金した。また、ナヨンとナヨンの母親は2009年から2015年までの6年間、A氏名義のクレジットカードで約1億1561万ウォン(約1156万円)を決済したことが分かった。

A氏は訴訟を提起し、「当時、ナヨンの母親の頼みで生活費など必要な資金を貸した」とし、「練習生だったナヨンが歌手としてデビューすることになればお金を返すことを約束したが、ナヨン側が約束を破った」と主張した。A氏の知人2人も証人として出廷し、「普段A氏が『ナヨンがデビューすれば、これまで支援したお金をナヨン側が返すことを約束した』と話した」と明らかにした。


しかし、裁判所はA氏の主張を認めなかった。裁判所はA氏がナヨン側に12年間6億ウォン相当の金額を送金した事実は認めたが、「これを貸与金と認める証拠がない」とし、「金銭取引の回数、期間、金額、経緯などに照らしてみた時、A氏とナヨン側がこれを返還するという意思の合致があったとは見難い」と明らかにした。

それと共に「A氏とナヨンの母親が当時恋人関係にあったことを考慮すれば、これを貸与金と断定できない」として、「名目が家賃、通信費、貸出金、学費などである点から見て生活費用途に支給されたと見られる」と判示した。

A氏は1審敗訴後、控訴せず判決を確定した。これと関連してナヨンの所属事務所JYPエンターテインメント側は「すでに判決が確定し、終結した件でアーティストの芸能活動とは関係ないもので、別に申し上げる言葉はない」とし、「ただし以後推測性文などでアーティストの名誉を毀損したり侮辱をする事案に対しては断固として法的対応をする」という立場を明らかにした。

一方、ナヨンが所属するグループ「TWICE」は、全世界25都市44回、大規模な5回目のワールドツアーを展開している。23〜24日にはタイ・バンコクのImpact Arenaで「READY TO BE」公演を行う。

WOW!Korea提供

2023.09.19