「SUPER JUNIOR」、スペシャルアルバム「Devil」で最高のコラボレーション

20150710_sj_b韓国アイドルグループ「SUPER JUNIOR」と韓国を代表するシンガーソングライターらが出会った。

来る16日に発売される「SUPER JUNIOR」スペシャルアルバム「Devil」にはタイトル曲「Devil」はもちろん、イ・スンファンや「紫雨林(ジャウリム)」のキム・ユナ、「バラ旅館」、Epitone Projectなど様々な個性を持ったシンガーソングライターが「SUPER JUNIOR」のためにプレゼントした完成度の高い音楽も収録されている。

韓国を代表するシンガーソングライター兼プロデューサーのイ・スンファンがプレゼントした「We Can」は「SUPER JUNIOR」が10年間交わした友情と未来へ向けた決意を感性的に表現したロックバラード曲で、イ・スンファンの音楽感性と「SUPER JUNIOR」のボーカルユニット「SUPER JUNIOR‐K.R.Y.」(キュヒョン、リョウク、イェソン)のしっかりとしたボーカルが調和を成している。

インディーズバンド「バラ旅館」と「SUPER JUNIOR」のトロット(日本でいう演歌)ユニット「SUPER JUNIOR‐T」(イトゥク、ヒチョル、カンイン、ウニョク)がコラボレーションした「一目惚れしました」は「バラ旅館」特有のウィットと「SUPER JUNIOR‐T」のユーモラスな魅力が詰まったアシッドポップ曲で、偶然見た女性に一目惚れしてしまった話をメンバーらの個性に合わせて解いた歌詞が面白さと感性を極大化し、新たな魅力を倍増させている。

さらにモダンロックバンド「紫雨林」のキム・ユナが今回スペシャルアルバムのため手掛けた「Rock’n Shine」はブルースとハードロックにベースを置いたロックジャンルの曲で、音楽と愛を通じて勇気を得て世の中に突っ走っていこうというポジティブなメッセージと、「SUPER JUNIOR」の明るいエネルギー、「紫雨林」のモダンさが出会って多彩さを加えている。

感性のシンガーソングライターEpitone Projectとコラボレーションした「星が浮かぶ」は多くの人々と一緒に息を合わせた10年の時間を振り返りながら感じたあふれんばかりの感動を込めた歌詞で、10年を迎えたメンバーたちの心を感じることができる。
また「SUPER JUNIOR」は16日Mnet「エムカウントダウン」を皮切りに、17日kBS2TV「ミュージックバンク」、18日MBC「ショー! 音楽中心」、19日SBS「人気歌謡」など各音楽番組に出演し、新曲ステージを披露してスペシャルアルバムアルバム活動を広げる予定だ。

WoW!Korea提供

2015.07.11

blank