≪韓国ドラマOST≫「花遊記(ファユギ)」、ベスト名曲 「運命なら」=歌詞・解説・アイドル歌手(動画あり)


<「花遊記(ファユギ)」OST(サントラ)、今日の1曲>

youtube動画:「運命なら」

今回から「花遊記(ファユギ)」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「華麗なる遺産」や「九家の書」のイ・スンギと、「猟奇的な彼女」や「輝くか、狂うか」のオ・ヨンソがタッグを組んだ作品。
生まれつき霊感があったソンミはなかなか友達もいないまま過ごしていたが、ある日幽霊に襲われてしまう。そして五行山に行くことになるが、ソン・オゴンが封印されていた。

今日の1曲は、Benが歌う「運命なら」。

<歌詞の解説>

「運命でしょう きっと決められている 私たちが初めて出会ったことも 変えられない 愛が終わらないのなら 月の光でさえも 雲の後ろに隠れた夜のように 心が真っ黒に染まっていく 降ってくる雨に 恋しさを込めて あなたが私を忘れないように」最初の歌詞から、ソンミが背負う運命について表現されている。

※サビ「運命なら 受け入れるから 愛情が罪になるのなら また出会えるでしょう 本当に愛しているなら私たちの縁が本物なら 私たちが運命なら」サビでは、運命の愛に出会った様子がわかる。

「星の光でさえも 雲の後ろに隠れた夜のように 私もその光を失っていく 吹いてくる風に恋しさを乗せて
あなたが私を忘れないように」恋しさを抱いて進んでいく様子が伝わる。

「運命なら 受け入れるから 愛情が罪になるのなら また出会えるでしょう 本当に愛しているなら 私たちが運命なら」きっとまた再会できると信じる気持ちが溢れる。

「一晩中降る雨の音でさえも 悲しくて 私の気持ちを分かってくれているような気がする 大きくなる会いたい気持ちを 大切にするから 私を忘れないで」ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

※サビのリピート

歌手Ben(本名:イ・ウニョン)は、1991年生まれ。2010年にデビュー。Bebe Mignonのメンバーとして活動するも、すぐに解散。その後はソロシンガーとして現在に至る。2014年ごろからさまざまなドラマOSTに参加している。「また!? オ・ヘヨン ~僕が愛した未来~」や、「プロデューサー」、「この恋は初めてだから」、「雲が描いた月明かり」、「先輩、その口紅塗らないで」などがある。

<ネットユーザーの反応>

「ストーリー内容と曲がピッタリ」
「曲が悲しいけど惹かれる」
「Benの歌声が素敵」
「このドラマのOST全部いい曲」
「ファンタジーらしい曲」

「花遊記(ファユギ)」ではイ・スンギとオ・ヨンソの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。

WOW!Korea提供

2023.02.28