歌手ナム・ジン側、「国民の力」党代表候補との記念撮影について釈明 「偶然会い、写真に応じただけ」


歌手ナム・ジンと“バレーボールの女帝”キム・ヨンギョンが、「国民の力」党代表候補のキム・ギヒョン議員に会い、直接応援の言葉を伝えたとして、世間では批判と擁護の声が入り混じっている。これについて、歌手ナム・ジン側が釈明に乗り出した。

ナム・ジンの所属事務所の代表は31日、韓国メディア「イーデイリー」の電話取材に応じ、「ナム・ジンは、キム議員と親しいというほどの関係でもなく、支持者でもない。食事の席で偶然会い、写真を撮ることになっただけ」と説明した。

これに先立ち、キム議員は去る28日、フェイスブックを通して「前日、久しぶりな人たちと一緒に穏やかな夜を過ごした」とし、「党代表選挙に出る私を応援すると言って、貴重な時間を割いて、花束まで準備してくれたキム・ヨンギョン選手とナム・ジンさんに心から感謝申し上げる」とつづり、写真を投稿。

公開された写真には、親指で「グッドマーク」をつくり笑顔を見せるキム・ヨンギョンとナム・ジン、そしてキム議員が写っている。キム議員は「惜しみない声援をいただき、必ず勝利する」と決意を書き込んだ。

キム議員の関係者は「3人は古くからの知り合い」と明かした。

この写真が拡散されると、キム・ヨンギョンのインスタグラムやユーチューブチャンネルなどSNSには悪質なコメントが相次いだ。野党支持者たちの不満と抗議のコメントが大部分だった。

ネットユーザーらは、キム・ヨンギョンのSNSに「オンニ(年上女性を表す韓国語、ここではキム・ヨンギョンを指す)、右派だったのですね、失望しました」、「キム・ギヒョン支持は確実ですか、そうならば”キム・ギヒョンアンチ”になる」、「鳥肌が立つ」、「太極旗(韓国の国旗)部隊と同じレベルだなんて、失望した」などのコメントが寄せられた。

しかし、一部ではキム・ヨンギョンを擁護する声もある。与党趣向の強いネットユーザーらは「やはりキム・ヨンギョンだ。これからはもっと応援する」、「政治的な考えは尊重すべきだ」、「政治的な考え方が違うという理由で叩くのは、ただのテロだ」などの反応を見せた。

これを受けて、釈明に乗り出したナム・ジンの所属事務所の代表は「ナム・ジンは知人の招待で、バレーボール選手のキム・ヨンギョンさんもいる食事会に合流した」とし、「食事が終わりかけたときにやって来たキム・ギヒョン議員の要望で一緒に写真を撮っただけで、それ以上でも以下でもない」と強調。さらに「写真に写っている花束についても、ナム・ジンが準備したものではない」と明かした。

WOW!Korea提供

2023.01.31

blank