ASTROムンビン&サナ、“多くのステージをしながらケミがさらに良くなった”…夢幻的なグラビア公開

ASTROムンビン&サナがいっそう良くなったケミを誇った。

ファッションマガジンHarper's BAZAARは、3rdミニアルバム「INCENSE」の「Madness」で活動を続けているASTROムンビン&サナのグラビアを公開した。

セラピストと退魔師に続き、致命的な調香師コンセプトに変身した2人がカメラの前に立った。アルバム発売前日、忙しいスケジュールの中でもお互いに配慮しながら、成熟したポーズで撮影現場を和気あいあいとした雰囲気にしたという。

続いたインタビューでムンビンは今回のアルバムに対して「これまでのユニットアルバムには僕たちの空間の中では悪い記憶をなくし幸せな記憶だけが残るようにしてあげるという意味を込めてきた。その延長線としてどのように方向を定めるべきか最も悩んだ」と話し、ユンサナは「五感の中の一つを活用してみるのはどうかと考えた末に“嗅覚”を選んだ。“香り”で良い記憶を作ってあげるという意味もあり、香りがある瞬間を記憶させる媒介体にもなるので、より多くの人々に記憶してほしいという気持ちを込めた」と説明した。


続いて3番目のユニットアルバムを発売し、以前と変わった点についてムンビンは「今回のアルバムには各自作詞、作曲した曲が収録されていて音楽的にいっそう発展した姿を披露できたと思う」とし、ユンサナは「エネルギーの違いがある。ムンビン兄さんと一緒に多くのステージをしながら“ケミ(相手との相性)”がさらに良くなった。ステージの上と下でシナジー効果がさらに大きくなったようだ」と自信を示した。

最後に大衆にどんなアーティストとして記憶されたいかという質問に、ユンサナは「日常生活や何かを見て感じる時に思い出すアーティストに成長したい。そうやって多くの人のインスピレーションと慰めになることができる歌手になることが今の目標であり夢だ」とし、ムンビンは「ただ僕たちができる音楽とステージで記憶されたい。『こんなことができるのはムンビン&サナだけだ!』という話が様々なところで聞こえるようになりたい」と明らかにした。

一方、ムンビン&サナは今年3月にファンコン「DIFFUSION」を控えている。

2023.01.25

blank