「公園少女」、所属事務所との専属契約解除訴訟1審で勝訴…日本人・台湾人メンバーは前科記録残るほど怠慢業務の実態に立ち上がる

韓国の7人組ガールズグループ「公園少女」が、所属事務所との専属契約解除訴訟1審で勝訴した。

22日、法曹界によると、ソウル中央地裁は今月12日に「公園少女」メンバー7人が所属事務所The WAVE MUSICを相手にした専属契約効力不存在確認請求訴訟で、原告勝訴の判決をしたという。

「公園少女」は、韓国人、台湾人、日本人で構成された多国籍グループで、2018年にデビューした。その後、KIWIメディアが企業再生手続きを踏むことになり、2020年7月に現所属事務所であるThe WAVE MUSICに移った。

訴訟で「公園少女」側の主張によると、所属事務所は2020年2月から家賃を払わず、メンバー全員が合宿所から退去措置され、同年7月には練習室が整理され、スタッフやマネジャーもみんな退社したという。

(2ページに続く)

2023.01.23

blank