【韓国映画特集】『20世紀のキミ』は女優の競演がとても素敵!

画像=Netflix

 

Netflixで配信中の『20世紀のキミ』は、主人公となるヒロインの役がキム・ユジョンからハン・ヒュジュにリレーされていく作品だ。俳優の配役がとても魅力的で心がほのぼのとする映画だ。

 

キャラクターの引き継ぎ
キム・ユジョンが演じる高校生のナ・ボラは、心臓に病気を持っている親友のキム・ヨンドゥの初恋をサポートする。
キム・ヨンドゥが恋したのは同級生のペク・ヒョンジン(パク・ジョンウ)だと錯覚したナ・ボラは、ペク・ヒョンジンの友達だったプン・ウノ(ピョン・ウソク)のほうに胸がときめいていく。
ところが……。


心臓の手術を終えてアメリカから帰ってきたキム・ヨンドゥの話では、彼女の本命はプン・ウノのほうだった。
困り果てたナ・ボラは気持ちをどう整理するのか。
こんな展開から20年後の現在に舞台が移っていくのだが、そのときにナ・ボラが見た「現実」とは?


そういうストーリーの中でナ・ボラを演じるキム・ユジョンとハン・ヒョジュはイメージが本当によく合っている。キャラクターの引き継ぎが見事だった。

また、キム・ヨンドゥを演じているノ・ユンソは、『私たちのブルース』で妊娠した高校生に扮して注目を集めた新進女優だ。
とにかく、素敵な女優の競演が楽しみな映画だ。

文=康 熙奉(カン・ヒボン)

 

『推しが見つかる究極100本』が見た『二十五、二十一』

『推しが見つかる究極100本』が見た『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』

時代劇『テバク』は歴史の描き方面白い!

コラム提供:ロコレ

http://syukakusha.com/

2023.01.16

blank